アーカイブ:2017年 10月

  • AIが選ぶ観光情報

    ▲登録情報やスマホのブラウジングから個人の趣味趣向を特定し、選んだ情報を届ける仕組み Deaps Technologies(東京都中央区)が、AIを使ったおでかけガイドアプリを開発した。アプリの利用者が投稿する情報…
  • ラグビーW杯を知ろう

    ▲ラグビーW杯組織委員会の本田祐嗣氏が登壇した 2019年に日本で開催されるラグビーW杯について、組織委員会スタッフが登壇するトークセッションが、9月26日、セレスポ( 東京都豊島区)サステナブルイベント研究所の主…
  • 不動産ベンチャーコンテスト

    ▲本戦に進んだ5組 不動産業界では、IT系ベンチャー企業の参入が絶えない。古くは不動産ポータルサイトの、LIFULL(旧ネクスト)、史上最年少一部上場社長で村上太一氏が時の人となったリブセンス、近年はスマートロック…
  • 関電 VS 東電

    賃貸市場で熾烈な戦い 関西の不動産市場で、東京電力と関西電力が熾烈な契約獲得競争を繰り広げている。関西圏の家主、地主、不動産関係者が集まる「賃貸住宅フェア大阪」には両社が揃い踏み、賃貸マンションやビルを所有する不動…
  • 藍染レギンス海外需要狙う

    ▲レギンスを1本ずつ手作業で藍染めする。同じ柄はない 「1本ずつ手染めで藍染めしており、同じものがない」。アパレル用品を販売する東光(徳島市)が今年中に商品化を予定している藍染めレギンスだ。昨年開催された「靴下求評…
  • コケで作った看板、手入れも簡単

    ▲ブースでは同社のロゴをエコーモスサインで製作した 軽量・形状自在で好評 本物のコケを使ったサイン看板「エコーモスサイン」で注目を集めたのが、桜井(東京都台東区)だ。先日出展した「サイン&ディスプレイショウ」では、同…
  • コットン製ベビー服

    ▲オオサカヤ(愛知県半田市) 瀧本真社長 海外にも商機 「海外からの来場者にも当社の商品に関心を持ってくれる人が一定数いた」と手ごたえを語るのは、ベビー用品を販売するオオサカヤ(愛知県半田市)の瀧本真氏だ。9月26~…
  • AR看板、子どもに好評

    ▲ラディックス(東京都墨田区) 小宮敏樹社長 AR(拡張現実)を活用した看板を提供しているのが、ラディックス(東京都墨田区)だ。看板のデザイン・制作からARコンテンツの提供までをワンストップで提供しており、プロジェ…
  • レーザー機で木材加工

    ▲レーザーコネクト(東京都調布市) 石川猛 職人不要、大量生産も可 「100人以上の人が来場した」と話すのは、加工機器の販売をおこなうレーザーコネクト(東京都調布市)の石川猛氏だ。8月31日~9月1日に開催さ…
  • 食品サンプル製作体験 年間1万人が参加

    ▲デザインポケット(大阪市中央区) 倉橋 幸子社長 たこ焼き、すし、パフェなどの食品サンプル製作の体験ツアーを募集しているのは、デザインポケット(大阪市中央区)だ。参加費用は2000円で、スマートフォン用のストラッ…

全国賃貸住宅新聞社

ピックアップ記事

  1. レジャー&産業展
ページ上部へ戻る