“インスタ映え” で需要増 @東京プレミアム・インセンティブショー

 
  • 2017/10/26
▲SNSに投稿した際に目を引く、デザイン性の高さが人気だ

デザイン紙コップが人気

 「”インスタ映え(インスタグラムで拡散)”するオリジナルカップを作りたいという企業が増えてきた」と語るのは、紙やプラスチック製コップの製造をおこなうBMターゲット(東京都品川区)の森田義宗さんだ。9月6~8日に開催されたギフト関連商品の展示会「東京インターナショナル プレミアム・インセンティブショー」に初出展したところ、約250人がブースを訪れた。

 好調の要因は、インスタグラムやツイッターなどのSNSで商品を拡散する消費者が急増していることにある。目を引く画像を投稿することがネットでの拡散につながるため、近年はインスタグラムでの拡散(インスタ映え)を意識してカラフルで目立つ商品を開発する企業も多い。

 森田さんは「キャラクターをプリントしたカップなど、デザイン性を重視した依頼が多い。これまではスポーツのスタジアムやアイドルのコンサートで使用するためのグッズとして制作することが多かったが、最近は生花店やカフェからの依頼も増えている」と話している。


おすすめの記事
「火がつくほど高濃度」水素発生パック

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る