アーカイブ:2018年 5月

    「国際見本市連盟会議 2019」 日本での初開催は東京ビッグサイトに決定

    ▲3月にクアラルンプールで開かれた会議の様子 東京ビッグサイト(東京都江東区)は、2019年3月14~15日に、世界各国の展示会関係者が参加する国際会議を開催することを発表した。国際見本市連盟(UFI)のアジ…

    カルビー飲料・菓子の海外販売伸びる  海外売り上げ比率30%目指す

     日本の農林水産物の輸出が増加している。農林水産省によると、2017年の農林水産物全体の輸出額は8073億円(前年比571億円増)で、5年連続の上昇となった。特に飲料や菓子など加工食品の伸びが顕著で、前年比28…

    ドイツ「CeBIT」6月に開催 日本企業21社が出展

    ▲昨年はパートナーカントリーだったことから118社の日本企業が参加  IoTやビッグデータ、AIなど先端技術の国際見本市「CeBIT(セビット)」が6月12~15日、ドイツのハノーバー国際見本市会場で開催される。…

    語る手記(20)

    1989年、NTTが新たなビジネスをはじめた。「0990」から始まる番号に電話をかけるとニュースやスポーツなどさまざまなコンテンツにつながるもので、番組の利用料はNTTが徴収する。この「ダイヤルQ2」サービスはあっという…

    医療インバウンドの専任エージェントも 【医療インバウンド】

    日本に医療渡航者を連れてくるのは、医療渡航支援企業と呼ばれる国内外のエージェントたちだ。経済産業省の外郭組織、(一社)メディカルエクセレンスジャパン(MEJ)が認可している医療渡航支援企業は今のところ2社しかな…

    検診、日本で受けたい 中国人富裕層に口コミで広がる 【医療インバウンド】

    検診、人間ドック、先進治療といった医療サービスを受けるために、海外から日本に来る外国人が増えている。「医療滞在ビザ」は入院を目的とする6カ月までの長期滞在や、複数回通院する外国人に渡されるものだが、制度化された…

    40万円のアルミ製カバンを売り込みに北米展示会へ

    ▲BLAU Design Complex(東京都世田谷区) 橋本 荘一朗社長  世界一美しいカバンを創る。そう決めた時、46歳だった。カバン作りはおろか、カバンに関わる仕事をしたこともない。手元にはアプリ開発で手…

    ラグビーWC 経済効果4372億円

     2019年に全国12都市で開かれる「ラグビーワールドカップ」について、大会組織委員会は開催による経済波及効果が4372億円に上るとの試算を発表した。大会を目的とした訪日外国人客は40万人を超える見込みで、全国…

    愛知県 GLevents社と協定締結 

    ▲大村知事(左)とGLevents社のジノン会長(右) 大村知事がフランス展示会を視察  愛知県の大村秀章知事は3月26~28日にフランスを訪れ、海外の大手展示会主催のGLevents社(仏)と展示会産業振…

    コト消費の充実、課題山積

    コト消費の充実、課題山積 観光庁は3月30日、政府が定める2020年の旅行消費額8兆円を達成するための提言をまとめた。訪日外国人旅行者は順調に増加している一方で、滞在期間中の消費額が伸び悩んでいることから、体験型コ…

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る