展示会出展企業 自社でブースのデザインし費用を抑える 総まとめ【WEB限定】

展示会へ出展する際、自社でブースのデザインを行なう企業が増えている。
制作費用を抑えることが大きなメリットである。それ以外にも自社製品を一番よく理解しているスタッフがデザインすることにより他社との差別化に成功したり、自社ブランドのプロモーションにより展示会での集客を増やしている。

自社でブースをデザインし費用を抑えている取り組みをまとめてご紹介。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

1、新ブランドのプロモーション 他社とブースの打ち出しを差別化し、来場客UP
2、人目を引くブースデザイン 自社でデザインし費用を抑え展示会の出展回数高める
3、既存商品のブランド周知 前回の出展で手応え面積4倍に拡大
4、環境へ取り組む姿勢を打ち出すためのアイデア 芽キャベツで環境アピール
5、ブースのデザインは出展を重ね自社でブラッシュアップ 商品を手に取りやすいよう工夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1、新ブランドのプロモーション 他社とブースの打ち出しを差別化し、来場客UP

簡単に言うと・・・
・東京オートサロンへ出展しブースをスタッフで手作り 6小間ブース制作費を30万円に抑える
・日常的な空気感を打ち出したブースで勝負!他社との差別化に成功し、来場客が前年を上回る

▼この記事を読む

【集まるブース】競合他社の裏をかけ 「日常館」打ち出す展示


こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る