体鍛えて人力発電 【人が集まるブース特集】

▲ブランドイメージの赤は杉本社長のアイデア

風力発電機を設置するための風力観測が本業のインター・ドメイン(神奈川県横浜市)は、人力で発電する発電装置「体力発電」を「レジャースポーツEXPO」に展示した。
フィットネスマシン型の専用発電機を足でこぐことで電気を起こすもので、これまでに、横浜の複合商業施設「トレッサ横浜」などで導入されている。

2016年、パシフィコ横浜でで開催された「ビジネスフェア」で初めて展示会に出展し、実績が上がり出展を決めた。高校時代の先輩に相談しながらブランドデザインを作り、ブース施工は専門会社に外注した。
費用は100万円弱だ。無駄な情報をそぎ落とし、一瞬で理解できるような展示を意識した。

▲インター・ドメイン(神奈川県横浜市) 杉本信策社長(60)

▲インター・ドメイン(神奈川県横浜市) 杉本信策社長(60)

「何百人から関心を得ようと思っていない。導入を検討する人3名と出会えたら上出来だと思っていたが、その目的は達成した」(杉本社長)

実際の使用方法としては、マシンをこいだ来場者に発電量に応じたポイントを付与し、園内での物販に使用する。発電した電力データはクラウドに送られ、スマホでチェックすることもできる。価格は39万8000円。

関連記事

新着記事

  1. 2021-10-23

    第39回 再び勃発する「中国経済崩壊論」に現地の反応は冷ややか[今日の中国]

  2. 2021-10-22

    11月開催の展示会(2021年)

  3. 2021-10-21

    成人の94%がワクチン接種を終え、移動制限が撤廃へ @マレーシア・クアラルンプール【10月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-10-20

    2つの大型スピーカーで、防音性をアピール【人が集まるブース特集】#253

  5. 2021-10-19

    認知拡大にオンラインイベントを利用 ウェビナー参加者へのDMが有効【リード獲得100本連載】かんざし(東京都千代田区)

  6. 2021-10-18

    人材不足の農家が、時給を上げてクリスマス需要に対応 @イギリス・ロンドン【10月13日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る