競合他社の裏をかけ 「日常感」打ち出す展示【人が集まるブース特集】

 
  • 2018/3/22

ビーンズ(岐阜県本巣市)
@東京オートサロン

DATA
施工会社:自社
小間数:6小間
施工費:30万円

▲ブースは全て自社で図面を引き、施工も社内のスタッフが行った

 アメリカ・カリフォルニアの住宅の庭先をイメージしたブースで、「東京オートサロン」に出展したのは、車のシートカバーや、運転席周りの内装品を製造するビーンズ(岐阜県本巣市)だ。岡山県の『児島ジーンズ』を使ったデニム地の新ブランド『クラフトプラス』のプロモーションが目的だったため、新ブランドのイメージを会場で表現した。

「児島ジーンズは色移りしないのが特徴で、白いTシャツやズボンでも安心して座れる」と話す羽賀貴大さん

 「東京オートサロン」の出展は5回目。昨年も、同じ素材で臨んだが、ハイエースのカスタム商品に限定して持ち込んだところ、ハイエース関連商品が多く、派手な他の出展者との競争の中で埋没してしまった。ギラギラした商材が多く並ぶことを想定し、今年は日常的な空気感を打ち出したブースで、他と差別化を狙った。その結果、昨年に比べ明らかな来場客の増加につながった。

 ブース制作は、全て自社スタッフが手作りで行った。木材で作ったテラスも社内で図面を引いて会場で組み立て、フェンスや植物といった小物はレンタル品でそろえた。その結果、制作費は6小間ブースながら30万円内に抑えることができた。


おすすめの記事
“邪道”の自動車展 31万9041人が集まる @東京オートサロン
 
おすすめ記事▶

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る