アーカイブ:2016年 11月

  • 展示会で広がるVR利用

    ベルサール六本木でセミナー開催 住友不動産ベルサール(東京都新宿区)が、バーチャルリアリティ(VR)をビジネスに活用するセミナーを開催する。イベントや展示会においてVRを使用する機会が増える中で、すでに事業にVRを…
  • 長谷川遼平のイベント取材日記(3)

    イベントは広告媒体だ さまざまなイベントで企業を見る中で、出展する理由は何かを必ず聞く。6年連続で『賃貸住宅フェア』に出展する、ポータルサイト運営のシースタイル(東京都中央区)の川合大無社長は「1つのイベントに出た…
  • 民泊事業に参入続々

    民泊関連事業者向け情報サイト『TOMARUYO』を運営するトーキョーサンマルナナ(東京都世田谷区)が6月、東京都渋谷区で『民泊EXPOプレミアム2016』を開催した。イベント事業は初の試みだが、出展企業20社、来場者70…
  • 変幻自在のフィルムアート

    特定方向にだけ光を屈折させる『偏光板』を使用したアート作品を制作しているのが、プリントアート(東京都足立)だ。 プラスチックなどの光を屈折させる特製を持った材質を加工し、フィルターを通してのぞき込むことで、何も写っ…
  • 趣味から生まれた発明品

    タケノコの厚い皮をきれいにむく、『孟宗竹自動皮むき機』を開発したのは、1947年に創業した産業用機械の開発を手掛ける旭川機械工業(旭川市)だ。タケノコを機械上部の入り口に入れるだけで、1分間に6~9本というハイペースで皮…
  • EC拡大により需要急増

    「段ボールケースにイラストや企業のロゴを印刷したいというニーズが増えている」と話すのは、パッケージ制作や印刷業を手掛ける城北紙器梱包(東京都北区)だ。11月に開催された『産業交流展2016』では、ECで販売する商品の梱包…
  • プレデターを生んだ精密ドリル

    緻密な造形に適した高速回転技術 「独自の高速回転技術を使用しているので、表情の細かい皺(しわ)もしっかりと彫り込むことができる」と話すのは、『JIMTOF』に出展した高精度モータ・スピンドルなどを手掛けるナカニシ(…
  • 新しい木材パネルCLT材をPR

    大型木造建築の普及に向けて CLT建築推進協議会と岡山県真庭市の主催で、11月10日(木)~15日(火)、東京国際フォーラムのロビーには、「CLT材」を使った骨組みやインテリアが展示された。 木目繊維の方向が…
  • 目指すは「有機栽培」拡大

    初開催で2万人が来場 一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン(東京都中央区)は18~19日、東京国際フォーラムにて『Organic Forrum Japan~オーガニックライフスタイルEXPO』を開催した。有機…
  • 放送と通信の融合 出展過去最多

    Inter BEE Inter BEE(国際放送機器展)の出展者数が1090社、小間数で1926となり、過去最大の規模となった。放送と通信産業の融合が進み、映像加工ソフトやIT関連企業の出展が全体数を押し上げた。海…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る