海外展示会で新規事業のタネ収集 沢根スプリング【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/7/7

沢根スプリング(浜松市)
@MD&M WEST(米)、MEDICA / COMPAMED(独)

▲「MD&M WEST」(アメリカ)では万単位の発注を受けた

海外展示会で要望を収集し 製品開発に生かす

 年商7億8000万円のバネ専門メーカー沢根スプリング(浜松市)の海外販売率は1%、医療機器向け部品を輸出する。2015年に始めた海外展示会出展は、浜松市の支援を受け浜松地域の企業と共同出展した「MD&M WEST」(アメリカ)と「MEDICA / COMPAMED」(ドイツ)だ。

▲沢根 孝佳社長

 「MD&M WEST」では、米国の医療機器メーカーから、高品質なワイヤーを使っていることが評価され万単位の発注を受けた。メーカーや商社のバイヤーから、技術上他社に断られたという図面を見せられ、「こんなワイヤー加工ができないか」と相談されることも増えた。それらの声にこたえるため海外市場に合わせた製品の試作にも取り掛かかり、現在はカテーテル治療に使う部品を開発している。両展示会に加え、韓国で開催される「KIMES」にも出展し、海外販路の拡大に注力する。「展示会は長期的な視点で考えている」(沢根孝佳社長)

 海外販路の開拓は、展示会に出る5年前からアリババを使ってECサイトでも取り組んでいる。アリババは3年でやめ、現在はアマゾン、楽天、自社サイトを使って続ける。

 医療機器分野への参入は15年前、京都大学の依頼で極細の線材を長く巻くマイクロコイルを開発したのが始まりだ。それまでは自動車向けバネの生産が8割を占めていたが、特定業種への依存度が高すぎることに危うさを感じたからだ。


おすすめの記事
医療機器用部材の販路開拓 ミタカ【海外展示会挑戦記】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る