築地の鮮魚を全世界に True World Japan(東京都中央区)【海外展示会挑戦記】

▲ルーブルの価値が5年前の約3分の1に暴落した影響は大きかった

True World Japan(東京都中央区)
@WorldFood Moscow

経営企画部
大川佳宏部長(47)

アメリカのTrue World社が、日本鮮魚の仕入れ会社として2005年に設立した総合商社・True World Japan(東京都中央区)は、海外の展示会に年間で6回出展する。目的は、現地の販売代理店や卸業者とのパイプをつくることだ。現地法人を持たないため、「食」を海外に流通させるには展示会で代理店を探すのが早道だという。年商58億円のうち、8割が輸出だ。

輸出の中心は、築地で仕入れた鮮魚。輸出先の8割がアメリカで、2割が欧州、シンガポール、ドバイなど。ハマチの取り扱いが多く、キンメダイやアカムツも最近伸びているという。健康志向が叫ばれるなか、日本食の人気は世界的に高まっており、どの展示会も日本ブースは増加傾向という。

この一年で出展した海外の展示会は、香港の「Food Expo 2018」や米国シカゴの「NRASHOW」(レストランショー)、ボストンの「Seafood Expo NA」、サンフランシスコの「Winter Fancy Food Show」などだ。その大半でジェトロのジャパンブースを使用した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

好評連載

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る