築地の鮮魚を全世界に True World Japan【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/10/15

True World Japan(東京都中央区)
@WorldFood Moscow(ロシア)、 Food Expo (香港)、 NRASHOW (米・シカゴ)、Seafood Expo NA(米・ボストン)、Winter Fancy Food Show(米・サンフランシスコ)

▲ルーブルの価値が5年前の約3分の1に暴落した影響は大きかった

築地の鮮魚を全世界に

経営企画部
大川 佳宏部長

 アメリカのTrue World社が、日本鮮魚の仕入れ会社として2005年に設立した総合商社・True World Japan (東京都中央区)は、海外の展示会に年間で6回出展する。目的は、現地の販売代理店や卸業者とのパイプをつくることだ。現地法人を持たないため、「食」を海外に流通させるには展示会で代理店を探すのが早道だという。年商58億円のうち、8割が輸出だ。

 輸出の中心は、築地で仕入れた鮮魚。輸出先の8割がアメリカで、2割が欧州、シンガポール、ドバイなど。ハマチの取り扱いが多く、キンメダイやアカムツも最近伸びているという。健康志向が叫ばれるなか、日本食の人気は世界的に高まっており、どの展示会も日本ブースは増加傾向という。

 この一年で出展した海外の展示会は、香港の「Food Expo 2018」や米国シカゴの「NRASHOW」(レストランショー)、ボストンの「Seafood Expo NA」、サンフランシスコの「Winter Fancy Food Show」などだ。その大半でジェトロのジャパンブースを使用した。

 昨年、経営企画部長の大川佳宏氏はモスクワで開催された総合食品見本市「WorldFood Moscow」に参加した。ルーブルの価値が5年前の約3分の1に暴落した影響で、現地住民にとって日本の商材が高額になってしまった。そのため取引につながらなかったという。来場するのはロシア全域と、カザフスタン、ウズベキスタンなど旧ソ連地域で活動するバイヤーが中心だ。取引がしやすいため、日本よりも中国や韓国の出展社が目立った。ジャパンパビリオンの参加社数は一昨年24件、昨年16件、今年8件と減少傾向にある。


おすすめ記事
刺し身の試食で取引始まる 生鮮鮮魚の輸出会社【海外展示会挑戦記】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
  2. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  5. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る