タキガワ・コーポレーション・ジャパン(千葉県船橋市)【海外展示会挑戦記】

▲タキガワ・コーポレーション・ジャパン(千葉県船橋市)瀧川翔取締役(35)

タキガワ・コーポレーション・ジャパン(千葉県船橋市)
@ProPak(国際加工包装技術展)(タイ&ベトナム)/INTERZOO(独)

食品、化粧品、薬品のパッケージを製造するタキガワ・コーポレーション・ジャパン(千葉県船橋市)は、10年前から海外の展示会に出展する。年間出展数は10を超える。展示会をメインにするのは相手としっかり話ができることと、顧客ニーズを把握できるからだ。米国で誤飲や誤食の危険を回避できる包装製品の需要が高いことは、現地の展示会に出展して分かった。また、小さな包装が好まれる日本と違い、まとめ買いできる大袋が好まれた。

ほかの国で「空気が抜けるよう穴を開けてほしい」と言われたこともあった。密閉性が求められる日本とは正反対だ。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る