インフルエンサーと組む前に読む16のトピックス⑮

 
  • 2018/7/4

語り手
boost株式会社(東京都港区) 辻 幸範 社長

バンタンデザイン研究所中退後、ブランドプロデューサーの加藤信之氏に師事しアパレル、WEBサービス、各社のブランド構築に関わる。株式会社テクサの企画担当。


第十五回 水溜りボンド

 大学のお笑いサークルでコンビを組んだトミーさんとカンタさんによる2人組のYouTuberが、都市伝説を実験によって検証したり、早食いやドッキリなどのエンタメを提供するのが、水溜りボンドです。2015年に始まり、今では300万人のフォロワーを抱えています。広告収入を予測するウェブサービス「social blade」は、4億円を売り上げていると表示します。

養成所出身の正当派

 漫才のようなテンポの良い掛け合いで、多くの人が疑問に思うことや、誰でも楽しめる内容の動画には、子供から大人まで幅広いファンが付いています。スキャンダルのような刺激的なネタや、有名人とのコラボレーションで知名度を上げる人が多い中、企画で勝負し、4年間、毎日投稿を継続して人気を獲得した正統派です。

 彼らはUUUMが主催するUUUMネットワークの出身です。UUUMネットワークは、マルチチャンネルネットワーク(MCN)と呼ばれるYouTuberを教育、活動支援する組織で、養成所のような役割を担っています。吉本興業におけるNSCとよく似ています。

 UUUMがYouTuber事務所として地位を確立した理由の一つに、彼らの輩出を上げる関係者は少なくありません。日本のインフルエンサー業界で、新人を育成する事務所は少なく、ヘッドハンティングが中心です。水溜りボンドの活躍がインフルエンサー業界の次のステージを作ることに期待しています。

■トピックス■

第一回 「私も彼らに憧れた一人です」
第二回 ファンコミュニティのつくり方
第三回 彼らのお金の稼ぎ方
第四回 ヒカキン 視聴者目線で楽しむ天才
第五回 福井に「聖地巡礼」起こしたYouTuber
第六回 事務所
第七回 広告の目的は何?
第八回 東海オンエア 万人受けではない人気者
第九回 ラファエル
第十回 のりごとー
第十一回 メトロンブログ
第十二回 瀬戸 弘司
第十三回 SNSマーケティングの始め方1
第十四回 SNSマーケティングの始め方2

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る