農家の人手不足対策や負担軽減ツールに注目[口コミ]@アグロ・イノベーション 前編

 
  • 2021/1/7
展示会名:アグロ・イノベーション 2020
会期:2020年11月11日(水)〜13日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海A
主催:(一社)日本能率協会
出展者数・小間数:134社・204小間
同時開催:野菜・果物ワールド、草刈り・除草ワールド、フローラル・イノベーションEXPO、鳥獣対策・ジビエ利活用展

 農業生産から収穫、加工、流通までの幅広い分野を網羅する「アグロ・イノベーション」には、農機メーカーや農家、自治体、商社、飲食店経営者らが来場した。農業分野における顕著な人手不足を背景に、農薬散布や選別といった生産から出荷までの行程における負担軽減や業務効率化に関する製品やサービスに注目が集まった。

 また、2回目となる「鳥獣対策・ジビエ利活用展」は、差別化を図りたい飲食事業者や食品メーカーが新たな食材としてジビエに注目し、にぎわいを見せた。ジビエを推奨する国の政策も追い風になっているようだ。

  新型コロナの影響で特に個人農家の来場が減ったものの、出展者からは目的意識を持った来場者が多いという声が多かった。


来場者半減も質は高い

小泉製麻(神戸市)

 繊維資材メーカーで、この展示会には5回以上出展している。例年だと年間4~5つの展示会に出展するが、今年は「農業Week」とここだけだ。熱エネルギーを用いて泡状の液体で雑草を処理する装置を展示した。例年のブース来場者は農業生産者が多いが、今回は少ない。ターゲットはインフラ関連で、実際に高速道路のNEXCOや鉄道などの関係者が訪れた。インフラ関係者の悩みは、農耕地に隣接する場所が多いため農薬が散布しにくいこと。また長年の散布で土が痩せ、管理しづらい雑草種がはびる事例がここ数年問題視されている。

 主催者の発表だと、来場者数は昨年の半分くらいだが、ブースに来てくれる人数はほぼ同じで、手応えがある。新型コロナがおさまらない中で目的を持って来場している人が多く、来場者の質は非常に高い。1日2~3件は即購入したいという人がいた。実際に現場で使用したときに思った通りじゃないと言われないよう、展示会などの場でしっかり情報を伝えている。


具体的な課題を抱えた来場者が多い

トーカロ(神戸市)

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。
出展者口コミ、続きはこちら

関連記事

最近の記事

今後の展示会おさらい

  1. 2020-2-15

    半導体市場は停滞から反転の兆しあり @SEMICON Japan

    展示会名:第43回 SEMICON Japan 会期:2019年12月11日(水)~13日(金) …
  2. 2020-12-27

    感染予防対策にも求められる効率化 @CareTEX 大阪

    展示会名:第5回 CareTEX(ケアテックス)大阪 2020 会期:2020年11月18日(水)…
  3. 2019-3-25

    海外バイヤー ニッチ食材にも注目 @ FOODEX JAPAN

    展示会名:FOODEX JAPAN(第44回 国際食品・飲料展) 会期:2019年3月5日(火)~…
  4. 2020-4-2

    不動産、民泊への関心高まる @資産運用EXPO

    展示会名:第3回 資産運用EXPO 会期:2020年1月23日(木)~25日(土) 会場:東京ビッ…
  5. 2019-4-10

    リサイクル技術求め行政関係者が来場 @ NEW環境展

    展示会名:NEW環境展 会期:2019年3月12日(火)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト東 …
今後1~3カ月に開催予定の展示会を過去記事で紹介しています。
ページ上部へ戻る