使用用途の拡大と安全運用を支える技術に関心集まる[口コミ]@Japan Drone(ジャパンドローン)前編

 
  • 2020/10/25
展示会名:Japan Drone(ジャパンドローン)2020
会期:2020年9月29日(火)・30日(水)
会場:幕張メッセ
主催:(一社)日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
共催:コングレ
出展者数:120社
来場者数:8979人(内オンライン参加者911人)
出展者層:ドローン製造・計測機器メーカー、自治体、大学、ドローン操縦スクール
来場者層:自治体、ドローン製造、カメラマン、行政関係者(防衛省、消防庁)、メンテナンス会社

 日本最大規模のドローン関連の展示会「ジャパンドローン」では、災害支援や物流など使用用途が広がり、安全な運用を支える技術や情報を求める来場者が増加した。また人命や機体の保護への対策にも注目が集まった。初開催したオンラインの参加者は1割を超えた。

 行政と民間の共同出展も目立ち、官民一体によるドローン活用に関する展示も目を引いた。ドローンが墜落したときに機体破損や人身事故を防ぐドローン用のエアバッグや日本ではまだ導入されていない人命救助用のドローンなどの他、ドローンを活用した地域経済活性策やドローンサッカーなどにも多くの関心が寄せられた。


情報交換と交流の場になった

豊川ビジョンリサーチ(愛知県新城市)

 今回初めて出展する。豊川にある中小企業の経営者と行政が協業して活動している。ドローンを活用して地域経済の活性化の取り組みを進めており、その活動内容の紹介と認知拡大のために出展した。行政が行う地域活性化活動のうちの1つ、先端技術の活用として、例えば災害支援活動や物流支援など、ドローン活用の検討が進められている。

 ドローンの一層の活用のため、豊川市と新城市、ドローン関連ベンチャー企業が集まって東三河ドローン・リバー構想協議会も立ち上げた。当初年度初めに立ち上げる予定だったが、新型コロナの影響で創設が8月に後ろ倒しとなった。

 行政関係者やドローンに搭載するカメラの関係者ら、2日間で150人ほどが来場した。同じ愛知県から出展している企業と情報交換もでき、交流の場にもなった。


200人ほどと名刺交換

JDRONE(東京都新宿区)

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。
出展者口コミ、続きはこちら

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る