新技術探し幅広い来場者[口コミ]@CEATEC 前編

 
  • 2020/3/17
展示会名:CEATEC(シーテック)
会期:2019年10月15日(火)~18日(金)
会場:幕張メッセ 国際展示場2~8
主催:CEATEC実施協議会
出展者数:787社
来場者数:14万4491人

 アジア最大級の規模で開催されるIT技術とエレクトロニクスの国際展示会。今回『つながる社会、共創する未来』をテーマに、会場は『2030年のまち』を構築するとした『Society 5.0 TOWN』やSociety 5.0の実現を支える『デバイス&テクノロジー』『トータルソリューション』、特定の産業を変革するための『スマートX』など6つのエリアに分けられた。来場者は製造・機械・精密機器、電子部品・機器、ソフトウェア、通信サービス、住宅・建設・不動産、出版・広告・印刷などあらゆる産業のほか、学生だ。


動線的に人数散漫

シーイーシー(東京都渋谷区)

 組み込みの受託開発がメイン。情報システム担当者の集まる展示会には出ている。物流系、製造系、セキュリティ系の3部門全てをPRすれば効果があるのではないかと考えて出展した。

 今回は、『スマートX』で出展したが、隣の会場で行われた『Society 5.0 TOWN』が注目を集めていたが、そこから流れてくる来場者も、動線的には少ない印象を受けた。だが、既存客や物流、製造系のキーパーソンと出会うこともできている。


冷やかしの来場者いない

オハラ(相模原市)

 光学系の展示会に出ていたが、異業種の展示会に出展するのは初めて。別業界への訴求が主な目的で、新規が8割くらいだったのでその意味では成功。

 注目を集めたのは全固体のリチウムイオン電池をガラスセラミックスの精製技術で作るという提案で強度のあるガラスに興味を持ってもらった。5Gになると、スマホのボディが金属では電波の問題で対応できなくなるらしい。そこで、今後は樹脂かセラミックスになるといわれている。実際、来場者とはそうした話ができた。

 一般含め、来場者がきちんと話を聞いてくれ、冷やかしがおらずよい。


タクシー運行データの外販先を探しに

Japan Taxi(東京都千代田区)

 一般利用者に向けたタクシー配車アプリを運営。今回展示したのはタクシーの運行データの外販だ。ドライブレコーダーや各種環境センサーの発達で、タクシーの運行を通じてさまざまなデータが取れるようになった。どんなデータがどんなビジネスに役立つのかを確かめるために出展した。

 来場者はメーカーやコンサル、情報処理サービスの担当者。実際にアプリを使う一般利用者の来場もあった。

 海外でメジャーになりつつある一般自動車のライドシェアサービスが法律的に普及できない分、タクシーサービスの充実が進んでいる印象だ。


インフラ設備の情報化で効率化

応用地質(東京都千代田区)

 一昨年前から積極的に展示会へ出展。来場者はネクスコなどの道路関係、ガス会社、ゼネコンなど、インフラ系の会社だ。今回は埋設管の情報サービスを展示。インフラ設備を調査しその情報をデータベース化して提供する。不正確なことが多い自治体の埋設管の情報を正確に把握したいという要望は多い。

 最も多いのが、地面を掘りたいので地中に何があるかを知りたいという需要。最近は無電柱化に関する依頼も増えている。また、来場者が関心を示したのはコネクテッドカーによる道路の長寿命化だ。集めた情報により乗り心地の悪い道から優先して舗装する計画を立てることで、効率化にもつながる。手応えはまずまずで、名刺交換は一日100人くらいだった。


出展者口コミ、続きはこちら
この記事が掲載された、新聞紙面のPDFはコチラ(1頁100円で販売中)会議や資料にご利用ください。


おすすめの記事
会場スペース前回の1.5倍に @ケミカル マテリアル Japan 前編

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースには、こんな情報があります。
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド

日本全国DMO
ページ上部へ戻る