出展・来場ともに大幅減少も真剣に商材やサービスを探す来場者多数[口コミ]@ジャパン・インターナショナル・シーフードショー 前編

 
  • 2020/10/27
展示会名::第22回 ジャパン・インターナショナル・シーフードショー 2020
会期:2020年9月30日(水)~ 10月2日(金)
会場:東京ビッグサイト 南展示棟
主催:(一社)大日本水産会
出展者数:300社(前回は835社)

 日本全国や世界各国からさまざまな水産品や水産加工機械が集まる専門展示会「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」。今回は生産性向上につながる手段を求めて、小売、外食、工場などの水産業界の関係者が来場した。出展者数、来場者数ともに昨年に比べて大幅に減少したが、出展者からは、真剣に商材やサービスを探す来場者が目立ったという声が聞かれた。また今回は6月に予定されながら中止になった「東北復興水産加工品展示商談会 2020」で出展予定だった企業を支援するゾーンも設けられた。東北地方の水産物のPRを通じ、東日本大震災で被災した水産業の販路回復が狙いだ。


生産効率の向上に需要

サンクレエ(札幌市)

 10回目の出展となるソフトウェアメーカー。食品卸・製造加工業向けの業務支援システムを主に展示した。今回は規模が小さくなり、来場者も少なくなった。しかしその分、余裕をもって熱心に見ている来場者が多い印象。名刺交換できたのは1日15人ほど。毎年、少ないながらも成果は出ている。

 来場者は食品工場の関係者が多かったが、その課題としては生産性の効率を上げたいというものが最も多い。食品関連の工場では、生産管理や在庫管理を手書きでやっているところが多く、小規模なところだけかと思われがちだが、大手でも少なくない。要するにシステム化できていないのだ。


1日で70~100人と名刺交換

日建リース工業(東京都千代田区)

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。
出展者口コミ、続きはこちら

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る