出展・来場とも海外勢増加[口コミ] @東京インターナショナル・ギフト・ショー春 前編

  • 2019/6/10
展示会名:東京インターナショナル・ギフト・ショー春
会期:2019年2月12日(火)~15日(金)
会場:東京ビッグサイト全館
主催:ビジネスガイド社
出展者数:3002社(16の国と地域から275社)
同時開催展:第5回LIFE×DESIG、第5回インターナショナルプレミアム ・インセンティブショー春、第25回グルメ&ダイニングスタイルショー春

 パーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」はメインとなる展示会のほか、「第5回LIFE×DESIGN」「第59回インターナショナルプレミアムインセンティブショー」「第25回グルメ&ダイニングスタイルショー」の4展で構成される。出展者数は3002社。うち海外16の国と地域から275社が出展した。海外来場者も多かった。国内来場者は小売店を中心に、卸業者やメーカーなど。昨年春は2週にわかれていたが、不評だったため前回秋開催時に、会期を1回にまとめた。


石材の新たなニーズ感じた

清水石材店(滋賀県東近江市)

 墓石をメインとする創業110年の石材店。初出展だが手応えは非常に良かった。自動車の形にデザインした石を展示したところ、予想以上の反応があった。雑貨を扱う小売店のバイヤー、有名百貨店の購買担当者、大手自動車メーカーの重役、郵便局の局長などが石で作った雑貨を見に来た。

 近年の石材業界は厳しいものの、石を使った商品は市場に少なく、新しいものを探すバイヤーを中心に、多くの注目を集めることができた。


想定通りの来場者に出会えた

丸栄タオル(愛媛県今治市)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る