インドは訴訟が多い契約社会【海外展示会挑戦記】

▲主に養殖業界で用いられる「ディーオーマックス」をPRした

安原環境テクノロジー(山口県柳井市)【海外展示会挑戦記】
@インターナショナルシーフードショー(印)

安原環境テクノロジー
(山口県柳井市)
安原隆浩社長(48)

水処理の設備工事や、養殖事業者用の水質改善事業を行う安原環境テクノロジー(山口県柳井市)は、1月にインドのゴアで行われた「インド インターナショナルシーフードショー」に初出展した。

インド海産物水産省からの出展要請がきっかけだ。同社のほかに単独出展したのは、インドに拠点を置く(一社)大日本水産会だけだった。インドでの養殖関連事業は毎年200%以上伸びている。展示会では3日間で200社以上と商談ができた。展示会後に来日した1社とは取引が始まった。

インドは訴訟の国で、ビジネスでは契約を厳密に交わす必要がある。イギリスの法律がそのまま適用されており、法律自体は非常に整備されているからだ。一方で、展示会最終日に会場でペンキを塗る出展者が見られるなど、独特のペースで事が進むことに慣れなければならない。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る