4年目でつかんだ販路 ベテル【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/8/24

ベテル(茨城県石岡市)
@ IDS(ケルン国際デンタルショー・独)、MEDICA / COMAMED(独)

ベテル(茨城県石岡市)
鈴木 英利也常務取締役

海外展示会出展4年目で取引が始まる

 精密プラスチックを扱うベテル(茨城県石岡市)は昨年から海外展開を本格化させ、売り上げの2割を占める医療機器部品の販路を開拓する。5年前にドイツ・デュッセルドルフの国際医療機器展「MEDICA」に併設された医療機器の部品材料展「COMPAMED」に、日立市・ひたちなか市の合同パビリオンで出展したのが最初だ。3年連続で出展したが、成果はなかった。加工技術よりも、完成品を求める来場者が多かったからだ。

 昨年出展した「IDS ケルン国際デンタルショー」(独)では歯科部品の完成品を展示した。商談が進み、4社と取引が始まった。

 海外では顧客に何を提供できるか、何の役に立つかを簡潔に伝えることが必要だ。規制や法律が分からず、顧客の要望に応えられない場合もあるが、「そこは経験を積むしかない」(鈴木常務)

 日本は展示物のPRが中心だが、ドイツは商談会の側面が強く、どのブースでも商談スペースが大きい。世界中から来場者が集まるため、展示会の後でフォローするより会場で商談する傾向が強い。

 海外担当は鈴木常務だけで、展示会には社員2人と参加した。


おすすめの記事
海外展示会で新規事業のタネ収集 沢根スプリング【海外展示会挑戦記】

国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る