中国でも通用する「曲がるプリント基板」エレファンテック【海外展示会挑戦記】

 
  • 2018/6/17

エレファンテック(東京都中央区)
@香港エレクトロニクス・フェア 春(香港)

エレファンテック(東京都中央区)
清水 信哉社長

 プリント基板の製造技術を開発するエレファンテック(東京都中央区)の看板商品は、薄くて曲げることができる基板『P-Flex』。初の海外進出として選んだのは、昨年4月の「香港エレクトロニクス・フェア 春」だ。日本よりも中国の方が市場が大きいため、2014年の創業当初から中国展開を狙っていたが、ようやく人員体制が整い、念願の中国進出が叶った。

 出展の目的は、『P-Flex』が中国で通用するのか確かめることだったが、手応えは十分に得られた。商品を手に取った10社以上の担当者から、取引を希望する反応を得ることができた。もう一つの収穫は、競合が100社以上いることがわかったことだ。日本ではせいぜい10社程度だった。自分たちが戦うステージを自身で確認することができた。

 「製造業は日本より中国が進んでいるとわかってはいたが、実際に目で見て話をして、改めてそのことを確信しました」(清水信哉社長)


おすすめの記事
日本人のイメージは『律儀』 毎年出展する中国メーカー @ PV EXPO

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る