中国でも通用する曲がるプリント基板【海外展示会挑戦記】

▲エレファンテック(東京都中央区) 清水 信哉社長

 プリント基板の製造技術を開発するエレファンテック(東京都中央区)の看板商品は、薄くて曲げることができる基板『P-Flex』。初の海外進出として選んだのは、昨年4月の「香港エレクトロニクス・フェア 春」だ。日本よりも中国の方が市場が大きいため、2014年の創業当初から中国展開を狙っていたが、ようやく人員体制が整い、念願の中国進出が叶った。

 出展の目的は、『P-Flex』が中国で通用するのか確かめることだったが、手応えは十分に得られた。商品を手に取った10社以上の担当者から、取引を希望する反応を得ることができた。もう1つの収穫は、競合が100社以上いることがわかったことだ。日本ではせいぜい10社程度だった。自分たちが戦うステージを自身で確認することができた。

 「製造業は日本より中国が進んでいるとわかってはいたが、実際に目で見て話をして、改めてそのことを確信しました」(清水信哉社長)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る