ダイニチ(岐阜県可児市) 海外で企業とつながる唯一の方法【海外展示会挑戦記】

▲機械要素技術展では加工技術をPRした

ダイニチ(岐阜県可児市)
@MD&M West(米)

年商4億円の金属加工メーカー、ダイニチ(岐阜県可児市)は、5年前から海外展示会に出展する。指先に乗るほど小さな医療機器を展開するためだ。大規模な医療機器展を選び、カリフォルニアの「MD&M West」(米)、上海と深圳の「ICMD」(中)、デュッセルドルフの「COMPAMED」(独)に出展した。パビリオンの合同出展ではなく単独で、同じ展示会に続けて出展した。来場者の印象に残りやすく、知名度を上げられると考えたからだ。

海外の展示会に出ると、世界のトレンドや企業のつながりが見えてくる。新たな需要を製品に反映することもできる。日本の展示会でも、海外で需要が高かったものを海外バイヤーにアピールできた。

「海外の企業とは、展示会でしかつながれないと思ったほうがいい」(谷佳憲常務取締役)。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る