ビーガン、ハラール認証の商材に注目が集まる @CAFERES JAPAN(カフェレスジャパン)

展示会名:CAFERES JAPAN(カフェレスジャパン)
会期:2021年6月9日(水)~11日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:TSO International
出展者数:約430社
来場者数:2万2589人
出展者層:コーヒー、ソフトドリンク、ベーカリー、食材、コーヒーマシン、焙煎機、厨房・調理機器、食品容器、米、代替肉
来場者層:ホテル、レストランン、飲食店経営者、コーヒー豆メーカー、スポーツ関係者
構成展:第9回 Tokyo Cafe Show、第2回 JAPAN BAKERY SHOW、第1回 食中毒・ウイルス対策展
同時開催:ウェルネスライフジャパン

▲会場の様子

 カフェ・ベーカリー・レストラン業界の展示会「CAFERES JAPAN(カフェレスジャパン)」には、ホテルや飲食店、小売店、スポーツの関係者が訪れた。ビーガンやハラール認証の商材を探す来場者が多く、麩、玄米、コーヒーやハーブティーに注目が集まった。緊急事態宣言下での開催だったが、飲食業界という特性上、試飲や試食を提供するブースが多数あった。

▲ハーブティーやコーヒーを輸入販売するオールラウンドティーカンパニー(東京都渋谷区)

 コーヒー、ハーブティーを展示したオールラウンドティーカンパニー(東京都渋谷区)には、ホテルや飲食店の関係者が集まった。焼肉店やカフェなどの飲食店は、妊娠中や授乳中の人、また妊娠を希望する人向けのノンカフェイン飲料に注目していた。「オーガニックやビーガンは外国人旅行者の関心が高い。コロナ収束後に向けて準備する飲食店が目立った」(菅清二さん)

▲和食だけでなく洋食や中華でのレシピも提供し、日常の食事に取り入れやすくしている、あぶら麩の山形屋商店(宮城県登米市)

 仙台麸を展示した山形屋商店(宮城県登米市)には、カフェの経営者やビーガンの女性が訪れた。東京オリンピック・パラリンピックや大阪万博でインバウンド需要が高まることを見越して、3年前にビーガンとハラールの認定を取得した。「若年層でビーガンの人気が高まっているので、洋食や中華のレシピの提供を始めた」(立石文紀さん)

▲キビィズ(東京都江東区)が紹介した炊かずに食べられる玄米

 炊かずに食べられる玄米を展示したキビィズ(東京都江東区)には、スポーツ関係者や小売店、健康に関心のある人らが来場した。白米の代わりに玄米を食べるアスリートからは、手軽に取り入れられると好評だった。「ギフト用のパッケージを見て来場する人が多い。裏返して送付先を記入すると梱包箱としても使用できる」(太田みどりさん)

 CBD入りの電子タバコ、オイルを展示したライテック(東京都台東区)には、小売店や飲食店の関係者が集まった。電子タバコは予想以上の売れ行きで、品切れの店舗も出ている。リラックス効果を推奨しているが、大麻としての効果を期待する購入者が多い。「女性の来場者は、美容に効果があるオイルに注目していた」(加藤美穂さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る