葬儀の縮小で、アフターサービスの充実を目指す @エンディング産業展(ENDEX・セレモニージャパン内)

展示会名:第7回 エンディング産業展(ENDEX)2021(セレモニージャパン内)
会期:2021年6月9日(水)~11日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示場
主催:TSO International
出展者数:146社
来場者数:1万2634人
出展者層:葬儀・埋葬・供養などの終活、神社・寺院向け設備・サービス
来場者層:葬儀会社、霊園管理者、墓石・仏壇販売事業者、寺社、住職・神官・総代、小売
併催展:第5回石材・霊園産業展
同時開催:CAFERES JAPAN 2021、ウェルネスライフジャパン 2021

▲閉鎖的でアナログな風習も残る一方で、参入のチャンスが多くあると出展者が口にした「エンディング産業展」

 葬祭やセレモニーの展示会「エンディング産業展」には、新型コロナウイルスの影響で葬儀規模が縮小し、経営を見直す葬儀社や寺院関係者、協業先を探す代理店や商社が集まった。アフターサービスの充実を目指して、CRMシステム、遺影作成サービス、遺品整理に関心を寄せる人が多かった。

 出展者は、葬儀設備や用品を扱う企業と、ITシステムや宇宙葬といった新しいサービスを提供する初出展のベンチャー企業に二分された。葬儀の方法が多様化し、参入できるサービスの幅が広がったことが影響する。

▲新型コロナの影響で業界全体としてオンラインの活用に抵抗がなくなってきているのを感じるというライフエンディングテクノロジーズ(東京都港区)

 葬儀に特化したCRMシステムを展示したライフエンディングテクノロジーズ(東京都港区)には、顧客管理をデジタル化したい葬儀社のほか、新規事業を探す広告代理店、大手電力会社が来場した。葬儀後の供養事まで対応する点に関心が集まった。「オンライン葬儀に付随するサービスとして開発した。ニッチな分野なので、競合が存在しない」(栗本喬一さん)

 宇宙葬のサービスを展示したSPACE NTK(茨城県つくば市)には、葬儀社、寺院、旅行、ITの関係者が集まった。新しい葬儀の形の提案をしたい葬儀社から業務提携の相談があり、寺院関係者から仏教の教えに合致すると注目された。「宇宙葬は4年前から構想していた。新型コロナで葬儀形式が変化したことを契機に、認知の拡大を目指す」(葛西智子代表)

▲デジタルリマスター技術を活用した退色写真の復元などを紹介した東京印書館(埼玉県朝霞市)

 遺影作成サービスを展示した東京印書館(埼玉県朝霞市)には、葬儀のアフターケアを充実させたい葬儀社、写真館が訪れた。遺影や故人のアルバム写真を、復元する技術に注目が集まった。「ブースの造作、展示の仕方にもこだわった。会場で成約が数件でき、自社サイトへの問い合わせも増えたので、想定以上の効果を感じた」(細野仁さん)

 遺品整理のワンストップサービスを展示したリリーフ(兵庫県西宮市)には、葬儀社、士業、整骨や整体の関係者が集まった。遺品整理は収益の確定に平均2カ月かかるが、費用対収益を設定することで1週間に短縮できると好評だった。「新型コロナの影響で葬儀規模が縮小し、アフターサービスで売り上げを伸ばす動きが加速している」(鈴木太郎さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る