朝から夜の経過を、カラフルな柱と光で表現【人が集まるブース特集】#249

パラエルモサ(横浜市)
@CITE JAPAN(化粧品産業技術展)

DATA
施工会社:S.P.ビームス(東京都千代田区)
小間数:4小間
施工費:約300万円(パンフレット制作費用も含む)

▲遠目からも明るいブース

 化粧品メーカーのパラエルモサ(横浜市)は、原料の中間体や紫外線吸収剤の複合体を展示した。原料である色素に強みを持つため、ブースにはカラフルさを強調したデザインを取り入れた。新型コロナウイルスの影響下で、在宅時間が増えたことから、1日の時間が変化する様子をグラデーションで表現した。

▲鮮やかなグラデーションの柱が並んだブース内

 朝を暖色、夜を寒色で表現し、柱の内部にグラデーション状に並べた。造作物に角度をつけることで、距離があってもグラデーションが見える。柱に組み込んだライトの色も、暖色から寒色に変化させ、朝から夜にかけての流れを意識した。

▲原料の色素のカラフルさを表現したかったという

 ブースのデザインを今年から一新し、施工をS.P.ビームス(東京都千代田区)に依頼した。「ブースが明るく動線が分かりやすいと、来場者と自社スタッフから評判が良かった。デザインを刷新した効果を感じる」(菊池晃哉さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る