1小間で伝えた 防犯カメラの能力【人が集まるブース】#184

アイ・ビー・エス・ジャパン(神奈川県海老名市)
@鉄道技術展

DATA
施工会社:ビヨンド(東京都渋谷区)
小間数:1小間
施工費:110万円

 ネットワークカメラを展示したIT専門商社のアイ・ビー・エス・ジャパン(神奈川県海老名市)は、鉄道業界での知名度が低いため、1小間で存在感を出すことに力を注いだ。半円をくり抜いたような背の高いモニュメントを中央に置き、メイン商材であるカメラを最上部に取り付け、そこから撮影した映像をモニターに映した。

▲造作の高さは、上限いっぱいした

 「目立つだけなら背後の壁を高くすればよいが、1小間の場合、出展制限が厳しい。三面開放だったので、壁の高さを2.7m、モニュメントを3.7mにして上限まで上げた」(田畑千絵さん)

▲カメラの映像は正面のモニターに映るようにした

 デザインを担当したビヨンド(東京都渋谷区)としても、過去にない挑戦的な内容だった。「初めてパースを見たときは驚いたが、最大限アピールするという意味では最高のデザインになった。モニュメント上部に記されたロゴが目立つのも気に入っている」(田畑さん)

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る