DXや業務効率化を促進する商材が並ぶ、出展者数は過去最大 @建設・測量生産性向上展

展示会名:第3回 建設・測量生産性向上展(CSIP-EXPO 2021)
会期:2021年5月12日(水)~14日(金)
会場:幕張メッセ 国際展示場1~3、屋外展示場
主催:建設・測量生産性向上展実行委員会
出展者数:約285社
来場者数:3万2316人
出展者層:土木、建築、測量
来場者層:建設、測量に携わるビジネスパーソン→ゼネコン、サブコン、鉄道、道路、施設、商社、代理店、設計事務所

 建築や測量の技術や製品、サービスが一堂に会する「建設・測量生産性向上展」には、建設、建築、測量、土木業界、商社、広告代理店の関係者が集まった。DX促進、業務効率化、労働環境を向上させるため、ARやドローン技術、デジタルサイネージ、遠隔モニタリングに関心が寄せられた。

▲初出展の100社近くを含む285社という過去最大規模で開催された

 建設と測量業界をつなぐため注目度が高く、過去最大となる285社が出展した。新型コロナウイルスの影響下でも、稼働が求められる業界であることから、大手企業や関東外からの出展も多い。緊急事態宣言下ながら、3万2000人以上が来場した。

 AR技術を活用したスマホアプリを展示したネクステラス(札幌市)には、業務効率化や新しい技術を取り入れたい建設の関係者が来場した。現場に実物がなくても、カラーコーンや看板、重機を、3Dで配置して確認できる。「ターゲットは建設業界だったが、建築の来場者も多かった。今後もIT技術を業界に紹介したい」(真柄毅COO)

▲展示会情報を収集する中で一番人が集まると聞き、初出展したというナヴィック(名古屋市)

 工事のデジタル案内板を展示したナヴィック(名古屋市)には、近隣や発注者へのイメージアップを目指す建設業界、商社が訪れた。工事内容や手法を伝えることが、業界全体の課題だ。道路工事の現場を想定していたが、水道工事など幅広い工事現場で需要があった。「1日100人と商談できた。成約につながりそうな割合も多く手応えを感じた」(杉浦泰生さん)

 モニタリング用のカメラシステムを展示したカクマル(福岡市)には、業務効率化を目指す測量や土木業界が訪れた。山奥や災害地など、電源がなく交通の不便な場所で工事を行う企業から、現場の作業状況や天候をリモートで把握できると注目を集めた。「名刺交換は想定より少ないが、商談の質が上がり、成約につながりそうだ」(曽根田佳奈代表)

▲これまで出展したのはドローン専門の展示会だったDアカデミー(横浜市)も初出展

 ドローンパイロットの養成学校を運営するDアカデミー(横浜市)には、建設業界のほか、飲食など異業種からも来場者が集まった。建設現場では業務効率化、新技術の導入を積極的に進める企業が多く、測量で活用できるドローンパイロットの需要が伸びている。「測量でもドローンが注目される。訪問者数は、ドローンの専門展と比べて遜色ない」(依田健一代表)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る