付加価値を高める高級食材、手軽に味わえる加工品に注目集まる @シーフードショー大阪

展示会名:第18回 シーフードショー大阪
会期:2021年3月17日(水)・18日(木)
会場:ATCホール
主催:(一社)大日本水産会
運営:エグジビション テクノロジーズ
出展者数:221社
来場者数:5474人
出展者層:魚介類、水産加工品・シーフード総菜、調味料・食品添加物、水産加工機器・関連装置、冷凍・冷蔵機器、包装・物流機器・サービス
来場者層:小売、通信販売、外食・中食、給食、宿泊・集客施設、食料品製造業、市場・卸・仲卸業、食品・貿易商社

 水産関連の展示会「シーフードショー大阪」には、スーパー、小売店、卸業者、飲食店、通販、メーカーが集まった。希少価値のある食品、手軽に提供できる加工品のほか、業務効率化として省人化を目指す機器に関心が集まった。例年よりも来場者数は減少したが、初出展の企業からは手応えを感じたという声が多く聞かれた。

▲大漁旗も並んだ、会場の様子

 水産加工品の充填・包装機器を展示したキラックス(名古屋市)には、瓶詰工程で省人・省力化を目指す企業が集まった。手作業で対応する企業からは、ボタン1つで一定量を確実に充填できる点が好評だった。「来場者は例年の半分ほどだったが、初めて製品を知った人が多く、幅広い層に紹介できた」(小森瑛二郎さん)

 長崎県上五島町で取れるクエを展示した九絵(東京都世田谷区)には、飲食店、通販、卸業者、小売店が訪れた。美味しい食べ方を知りたい、包丁をあまり使わずに料理を提供したいという需要があった。「希少な魚なので珍しいと注目を集めた。ギフトカタログへの掲載を目指している」(山口博代表)

 鰹の加工品を展示した土佐清水食品(高知県土佐清水市)には、食品の卸業者、小売店、スーパーが来場した。そのまま丸かじりできるスティックを業務用に使いたい需要があり、給食業者からはOEMの相談があった。「高知県内のスーパーや土産品として人気がある商材を、全国に広めたい」(岡田龍さん)

 焼いた鯖寿司を展示した三丹本店(福井県あわら市)には、小売業、スーパーのバイヤーや経営者、レストランのメニュー開発担当者が集まった。従来は催事の実演販売が中心だったが、初出展して試食を提供したところ好評だった。「見積りの依頼を受けるなど、手応えは大きいと感じた」(大久保幸弘さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  5. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2021-9-22

    壁側にパネルを配置して、開放感のあるブースを造作【人が集まるブース特集】#252

ページ上部へ戻る