情報漏えい予防、販促グッズの需要が増加 @町工場見本市

展示会名:町工場見本市 2021
会期:2021年2月9日(火)・10日(水)
会場:東京国際フォーラム ホールE1
主催:葛飾区、東京商工会議所葛飾支部
出展者数:45社

 葛飾区と周辺地域の製造業が集まる技術展「町工場見本市」には、製造・加工、印刷、広告、鉄道、フィットネス、公務員が集まった。リモートワークの普及にともなう情報管理、ノベルティなどの販売促進、感染防止に役立つ商材に関心を寄せる人が多かった。また、葛飾区の企業が持つ技術を組み合わせた立体花壇が展示され、改良にあたり新たな企業とのマッチングも行われた。

 ディスプレイの加工技術を展示したプリント・アート(東京都足立区)には、国会議員や自衛隊関係者が訪れた。専用メガネやフィルムを通してのみ閲覧できるので、機密文書を扱う際に活用できると好評だった。「リモートワーク時の情報漏えいの予防として、大手企業からの需要も増えた」(島崎勝信代表)

 食事中の飛沫拡散を予防する声のマスク、マスクケースを展示した大東印刷工業(東京都墨田区)には、鉄道会社や広告代理店が来場した。マスクは飲食店が来店者に対して、ノベルティとして配布するなどの需要もあった。「1日80人にサンプルを提供し、着眼点がいい、面白いという意見が出た。5社と成約ができそうだ」(中島章裕さん)

 クリアケース、クリアスタンド、変形DMなどを展示した日光プロセス(東京都墨田区)には、販促商材を求めてフィットネスやベビー用品の関係者が集まった。「新型コロナの影響で、公共交通機関の受注が減少した。会社の認知拡大のために初出展した」(池田莉子さん)

 彫刻加工したジッポ、金型を展示した五味彫刻工業所(東京都足立区)には、印刷会社が訪れた。近年は、ジッポやバイオリンなど手持ち品を加工したい需要が高まる。「1日20人が来場し、予想より多かった。今年に入って組合で開催したバーチャル展示会では半月の間に4〜5人のみで、効果を感じられなかった」(五味修さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る