目的意識高い来場者多数[口コミ]@農業Week 後編

  • 2020/11/5

出展者の口コミ、前編はこちら


試食自粛で来場者減

不二商会(神戸市)

 4回目の出展になる。製菓設備を取り扱っている。農家の6次産業化の支援として出展している。ターゲットは農場や養鶏場など。実際にターゲットどおりの来場者が来てくれている。既存顧客や製菓メーカーの関係者もいた。農家からの問い合わせが増えたことを受けて出展するようになった。過去4回の出展で30社ほどと取引が生まれている。最近は生粋の菓子メーカーよりも異業種からの問い合わせの方が多い。今回も住宅メーカーや呉服屋など、全くの異業種から引き合いがあった。

 手応えとしては、やはり昨年ほどではない。例年、米粉を使った焼き立てのバームクーヘンの試食を大々的にやっており、常に人だかりができていた。しかし今回は新型コロナの影響で試食は自粛することにした。そのせいか、ブースへの来場人数がかなり減った。やはり試食の力は大きい。


1日100人ほどと名刺交換

日亜鋼業(兵庫県尼崎市)

 線材加工製品の総合メーカーで出展は2回目になる。今回はシカ柵とイノシシ柵を展示した。柔軟なロール式金網で、傾斜地などあらゆる地形に設置が可能なため、高速道路のフェンスにも採用されている。来場者は農協や営農センターの関係者、行政の鳥獣対策を担う農政部などの関係者だ。その他、県の出先機関の関係者の姿もある。太陽光パネルの関連業者や公園、動物園の管理者らも来場していた。

 来場者からの声で多かったのは、アライグマやハクビシンなど小動物の被害が増えているということ。千葉県、静岡県、岐阜県など、全国の来場者から同様の声が聞かれた。

 来場者は、昨年はもっと多かったと思うが、そこまで少なくはない印象で、今年もそれなりにいる。対応した人数は昨年とそんなに変わらない。1日に100人ほどと名刺交換をした。


ホームセンターのバイヤーや商社の関係者が来場

北村製作所(三重県津市)

 10回目の出展となる農機具メーカー。刈払機の一番下の部分に取り付ける刃物のパーツをメインに、草刈り機の付属品も展示した。草刈りの負担を軽減するものだ。従来の製品は地面から浮かして使うのだが、我が社の製品は地面に置きながら作業することができる。ブースへの来場者はホームセンターのバイヤーや商社、農業法人、園芸などの関係者が中心だ。

 徐々に認知度が増えている印象はあり、商品の売り上げも伸びている。来場する農家の関係者からも、使っているという声を聞くことが増えた。新型コロナの影響の中、今回は来場者が減るだろうと予測していたが、いざ始まってみると意外に多い。取引先や顔なじみのバイヤーも多く、思っていた以上の来場だ。イベント業者や資材メーカー関係者からの売り込みなどもあった。


250人ほどと名刺交換

新盛インダストリーズ(東京都北区)

 バーコードプリンタ、ハンドラベラーを取り扱っており、出展は5回目だ。この「農業Week」がもっとも引き合いがある。ターゲットは農家で、生産物を直販できるためのハンドラベラーとプリンタを主に展示した。

 出展するようになってから300件ほどの農家に導入してもらっている。今回はブースの背景に、実際に導入した農家の写真とインタビュー記事も展示した。来場は昨年の半分ほどだ。団体で来場していた地方の農業法人が減り、その分手応えは例年より薄い。250人ほどと名刺交換ができたが、これも例年の半分ほどになる。

 経営を安定させるため、青果の生産のほか、自分たちで作った農作物の加工食品を販売する農家も増えている。すると必然的に、製品に食品表示を貼る必要が出てくる。今年の4月に食品表示のルールが変わり、より詳細な情報が求められるようになった。その流れで、当社への問い合わせも増えている。


来場者減も内容の濃い話ができた

魚瀬ゴム(神奈川県高座郡)

 ゴムマットを製造販売しており、今回で出展するのは5回目だ。来場者は酪農農家、園芸農家、観光農園などの関係者が中心。特に観光農園などは来園者の安全が第一。通路の安全確保のため我が社の製品を使いたいとの声は増えている。畜産関連としては牛床マットとして使いたいの声もあった。床がコンクリートだと体を傷めやすいが、ゴムマットならば牛の疲労軽減につながるという。

 今回は来場者が少ない。しかし商談会と考えた場合、脈のない来場者が少ない分、内容の濃い話ができる。例年であれば、ブースに来てくれた人の半分ほどしか話を聞いてくれなかったが、今回はほぼ全員が話に耳を傾けてくれる。これは大きな違いだ。展示会は重要な営業の場。とてもいい営業活動ができている。昨年に比べても商機は格段にある。いい情報も得られている。新型コロナ下での開催でどうなるかと思っていたが、有意義なイベントとなった。

出展社が挙げた競合展示会
アグリビジネス創出フェア(今年はオンライン開催)
2020年11月11日(水)~13日(金)
主催:農林水産省

国際粉体工業展 東京
2020年11月18日(水)~11月20日(金)
@東京ビッグサイト 南展示棟
主催:(一社)日本粉体工業技術協会

ロボデックス
2021年1月20日(水)~22日(金)
@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン

TOKYO PACK
2021年2月24日(水)~26日(金)
@東京ビッグサイト 西1~4・南1~4
主催:(公社)日本包装技術協会

国際物流展 in Aichi
2021年3月9日(火)~12日(金)
@Aichi Sky Expo
主催:(一社)日本産業機械工業会 他

MOBAC SHOW(モバックショウ)
2021年3月9日(火)~12日(金)
@インテックス大阪 1~5号館A
主催:(協組)日本製パン製菓機械工業会

NEW環境展
2021年3月17日(水)~19日(金)
@東京ビッグサイト 西1・2
主催:日報ビジネス

販促 EXPO(Japan マーケティング Week内)
2021年4月21日(水)~23日(金)
@東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン

ファベックス
2021年4月21日(水)~23日(金)
@東京ビッグサイト 青海A・B
主催:日本食糧新聞社

FOOMA JAPAN
2021年6月1日(火)~4日(金)
@Aichi Sky Expo
主催:(一社)日本食品機械工業会

Japan Drone
2021年6月14日(月)~16日(水)
@幕張メッセ
主催:(一社)日本UAS産業振興協議会、コングレ

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る