出展企業の半数以上が海外から[口コミ]@ファッションワールド東京 後編

  • 2020/2/19

出展者の口コミ、前編はこちら


ブランドの周知ができた

日崎(横浜市)

 アルミ製ケースの企画・販売をしており、3回目の出展。ネットショップ関係者の来場が多く、その他は雑貨ショップの関係者ら。今回はアルミ製のスーツケースを主に展示した。認知されていると思いきや、この場で初めて知ったという人も多かった。アルミであることが一番の特徴だ。

 注目してもらったのは、スーツケースといっしょに運べる、背負えるタイプのケース。需要背負っても、スーツケースの上に置いて持ち運んでもいい。状況に応じて使い分けられる点が多くの人に興味を持ってもらえたようだ。来場者の声で最も多かったのは「どこに売っているの?」というもの。改めてブランドが周知できてよかったと思う。


出展すれば取引につながる印象

サザンパートナーズ(大阪市)

 アパレルOEMで5回目の出展。水着やスポーツウエアをPRした。水着の市場は横ばいだが、インスタグラムなどのSNSで拡散されて売り上げが伸びている製品もある。スポーツウエアに関しては、吸水速乾などの機能性素材や、エコ素材が求められている。来場するのはアパレルメーカーの商品担当者が中心。海外来場者の姿も見られる。4月の出展では海外企業と3件の商談があった。主に韓国のバイヤーが注目してくれた。医療関係者から機能性素材で医療用の白衣やユニフォームを作ってほしいという声もあった。出展すれば必ず取引につながる印象がある。


AIによる検査に需要感じる

ハシマ(岐阜県岐阜市)

 検針機、X線検査機、金属探知機など、アパレル工場向けの特殊な機器を製造している。顧客がアパレルメーカーなので、出展者が来場することも多い。物流関係者の来場もあった。海外からも多く来場し、割合としては国内6:海外4。

 今回は主に靴の品質をAIでチェックするX線の機械をPR、製造工程で釘が飛び出すミスを防ぐためだ。開発中のものも展示した。今後求められるのはAIによる自動検査。顧客の課題もAIによる自動化で、人手やコスト、時間をかけずに高い精度が求められている。

 雑貨の関係者から、商品の詰め忘れを箱を開けずにX線で確認したいという声をもらった。靴以外の要望にも対応したい。

出展者が挙げた競合展示会
東京インターナショナル・ギフト・ショー
2020/2/5(水)~7(金)
@東京ビッグサイト 全館
主催:ビジネスガイド社

国際 雑貨 EXPO(ライフスタイルWeek内)
2020/7/8(水)~10(金)
@東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:リード エグジビション ジャパン

危機管理産業展
2020/10/21(水)~23(金)
@東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:東京ビッグサイト

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る