鍵管理システムに注目集まる @関西 住宅・ビル・施設Week

 
  • 2020/10/15

 あらゆる建築物を対象とした建築総合展の「関西住宅・ビル・施設Week」では、オフィスや駐車場の管理業務を合理化するシステムが来場者の関心を集めた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、設備の需要にも変化が現れた。展示会そのものは来場者減が懸念されたが、多くの出展企業からは予想よりも来場者数が多く、反応も良好という声が聞かれた。

展示会名:第4回 関西 住宅・ビル・施設Week 2020
会期:2020年9月9日(水)~11日(金)
会場:インテックス大阪 1・2号館
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:関西 住宅・ビル・施設Week 116社、関西 スマートエネルギーWeek 79社
来場者数:1万5793人(3日間合計・同時開催含む)
構成展:第4回 関西 建材・住設EXPO、第4回 関西 スマートビルディングEXPO、第3回 関西 AI・スマート住宅EXPO、第3回 関西 施設リノベーションEXPO、第2回 関西 工務店支援EXPO、第1回 関西 不動産テックEXPO
同時開催:関西 スマートエネルギーWeek 2020
出展者層:住宅、ビル、商業・公共施設などあらゆる建築物を対象とした建材、住宅設備、工務店支援、ビル管理・運用システム、リノベーション技術、AI・IoT関連技術、不動産テック
来場者層:ハウスメーカー、工務店、設計事務所、リフォーム会社、ゼネコン、ディベロッパー、卸業者、販売工事店、施主、法人ユーザー、自治体、量販店

▲会場内の様子

テレワークで高まった防犯意識 関西での建材・住宅設備の展示会にて

▲入退室管理システムを展示したフォトシンス(東京都港区)の板倉大樹さんは「新型コロナの影響でオフィスのキーレスへの需要が高まっている」と話した

 入退室管理システムを提供するフォトシンス(東京都港区)では、スマホやICカードを鍵代わりに使える『akerun 入退室管理システム』という、オフィスビル向けシステムが関心を集めていた。新型コロナの影響によりテレワークが増加し、管理面と防犯面からオフィスをキーレスに変えるところが増加しているという。「社会がキャッシュレスの流れの時代に、鍵を電子化したいというのは自然な流れだ。キーレスの需要を確認できた」(板倉大樹さん)

 映像監視システムメーカーのGeoVision(東京都江東区)では顔認証ソフトウエアを展示し、来場した施工業者や不動産関連企業の関心を集めていた。ネットワークカメラの映像をサーバー側で顔検出・認証を行うもので、オフィスのセキュリティや商業施設の来館者把握などに使われる。「今、オフィスでの顔認証システムのニーズが拡大している。河川の水位変化の調査に使いたいという声もあった」(飴田大樹さん)

  
       

この先、会員限定エリアです
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る