19万人のバイヤーが集まる @東京インターナショナル・ギフト・ショー

 
  • 2016/9/25
▲9月7〜9日に行われた「第2回 東京インターナショナル・ギフト・ショー」には18万9023人が来場した

年2回東京ビッグサイト全館を利用して開催

 個人向けの贈答品や生活雑貨を売る企業と、大小さまざまな小売業のバイヤーを結ぶ「東京インターナショナル・ギフト・ショー」は41年前、流通業界向けの専門紙を発行するビジネスガイド社(東京都台東区)が始めた。毎年2回、春と秋に東京ビッグサイトを全館貸し切るようになったのは16年前だ。9月7~9日に開催した第82回には、2729社が出展し、18万9023人が来場した。

 「ギフト・ショー」は大手町にあった都立産業会館で始まり、サンシャイン、晴海の見本市会場を経て、ビッグサイトに進出した。

 来場者が増えたのはサンシャイン時代だ。1982年の進出当初は4万人だったものが、5年後には12万人を超えた。

 出展企業数は開催ごとに伸ばしてきたが、20年前、晴海からビッグサイトの東棟全6館に移ると、半年で278社を増やし1619社を集めた。

関わりは小学6年生から

ビジネスガイド社(東京都台東区)
芳賀 信享社長

 芳賀信享社長が初めて展示会に触れたのは、小学6年生の時だ。両親が創業したばかりの会社で「ギフト・ショー」の原型となる展示会が始まった。家族総出で発送物に宛名シールを張り、中学に入ると会場で配布する資料の封入作業も行った。

 会社に入ったのは、社会人となり、東和証券(現・東京三菱モルガン・スタンレー証券)を3年勤めた後だ。身体を壊していた父に代わり、母の久枝氏(現会長)が切り盛りする会社で、出展営業を支えた。出店者数が1000社を超えても、当時の営業は芳賀社長を含めて二人だけだった。出展企業の責任者と電話一本でつながる、顔の見える関係が今も強みだ。

 ギフトという言葉が、まだ世の中に浸透していなかった時代に、個人間で贈答を送り合う文化を、関係企業とともにつくってきたことが、同社の強い基盤をつくった。来年2月には、春の定例会期に先立ち、暮らしやリノベーションにテーマを絞った「LIFE×DESIGN」という試みを東展示棟の3館で始める。


おすすめの記事
モーターイベントの運営に参画レストランコーナーを誘致【日本商業施設】

国際イベントニュース 編集長 東島淳一郎国際イベントニュース編集長 東島淳一郎

2009年全国賃貸住宅新聞社入社。劇団主宰者から銀行勤務を経て30歳で記者に転身。7年間の記者生活を不動産市場で過ごす。2016年9月、本紙創刊とともに現職。

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る