カスタマイズ型に注目集まる[口コミ]@iOFT 国際メガネ展 後編

  • 2020/2/21

出展者の口コミ、前編はこちら


眼鏡大賞受賞で出展効果増

View Master(福井県鯖江市)

 老眼鏡に特化したメーカー。出展者から声がかかり出展した。2日間で小売店のバイヤーなど、2~30社から声がかかったが、卸には対応していない。メガネ大賞の機能・開発部門を受賞したこともあり、前回より今回の方が出展効果はあったように感じる。新商品を探している人が少ないのか前回より来場者が減っている。既存の取引先と継続していくところが多いのだろう。高い度数の需要があることは感じたが、3種類の度数しか用意しておらず、今後も対応する予定はない。在庫が増えるだけで、必要としている人がどれだけいるかが分からない。高い度数を必要とする人は、もっと年齢が高く、需要のあるデザインも変わるはずだ。


6歳前後の子供向け眼鏡が必要

Tail Hook(熊本市)

 子供用メガネomodokをPRした。出展は2回目で、3日間で200人ほどが来場した。前回賞をもらった影響で、知名度の向上を感じる。香港、アメリカからの海外の小売店バイヤーからも注目された。来場者は小売、販売代理店が中心だ。差別化として価格はあえて高めに設定。少ない店舗と取引すれば希少性が出て、小売店の単価も上がる。来場者との会話の中から、6歳前後のサイズが必要だと感じた。現在は2サイズ用意しているが、その間のサイズになる。今後対応できるようにしたい。


POSレジアプリ狙い通りの好感触

ユーエスエス(東京都港区)

 5~10店の支店を持つ小規模メガネ小売業向けの、顧客情報をデータ化した、POSレジアプリをPRした。その日の売上目標やお渡し予定確認、レジ機能、顧客管理、アフターフォロー、商品管理などの機能を持つ。すでに大型チェーンでの導入実績があり、ニッチな需要かもしれないが、小規模事業を活性化させていきたいという我が社の代表の意向によって進められた。ブースには3日間で70人ほどが来場し、うち3割ほどとつながりができそうだ。ターゲットに合う人々が来場したと感じている。


SDGs海外からの関心高い

内田プラスチック(福井県鯖江市)

 2年連続で出展する、プラスチックの食器メーカー。今回は漆器のメーカーと異業種参入同士、連携を図り、共同で出展した。環境に優しいペットボトルのリサイクルメガネと、生分解性プラスチックを使ったメガネを展示し、数百人がブースに訪れた。小売、卸のバイヤーが中心だ。香港、イギリス、アメリカからも訪れ、世界的なSDGsの流れもあり、環境に配慮した製品に関心が集まった。来場者からは、クリアなど、色のバリエーションを希望されたが、廃棄物から作っているので、クリアなものは難しいのが現状。

出展者が挙げた競合展示会
MIDO Milano Eyewear Show
2020/2/29(土)~3/2(月)
@Fieramilano(イタリア・ミラノ)
主催:Mido

プロジェクト東京
2020/3/24(火)・25(水)
@渋谷ヒカリエ
主催:Informa

ワールドオプチカルフェア
2020/4/7(火)・8(水)
@ベルサール高田馬場HALL
主催:東京眼鏡卸協同組合

関連記事

新着記事

  1. 2021-12-4

    オミクロン株予防のため、再びマスク着用を義務化 @イギリス・ロンドン【12月1日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-12-3

    不要名刺を奉納し、ビジネスの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」開催

  3. 2021-12-2

    東京ビッグサイト 東棟の利用再開

  4. 2021-12-1

    検索サービスをGoogleのロゴカラーで体現【人が集まるブース特集】#256

  5. 2021-11-30

    第40回 決裁・交通・食事 スマホなしでは生きられない?[今日の中国]

  6. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

ページ上部へ戻る