建材・住宅設備の展示会5選 |出展者の口コミから展示会の特徴を読み解く

デベロッパーが集まるものから、家主が集まるものまで
来場者はそれぞれ違う

住宅設備、建材、あるいは不動産市場向けのサービスを提供する企業が、狙いたいターゲットが集まる展示会を見つけるために、5つの展示会の来場者層を出展企業の口コミから分析する。集合住宅向けか戸建か、建設会社に売るか消費者に売るか、住宅用不動産か商業不動産か、など主要来場者層はそれぞれ異なる。


1:住宅関連の商材を多くそろえる大型展「Japan Home & Building Show」

2:全国で開催する家主のための展示会「賃貸住宅フェア」

3:住宅・建材メインの新しい展示会「住宅ビジネスフェア」

4:リフォーム専門誌が主催する展示会「リフォーム産業フェア」

5:あらゆる建築物が対象となる総合展「住宅・ビル・施設 Week


住宅関連の商材を多くそろえる大型展:Japan Home & Building Show

この展示会の特徴は…
・住宅関係の「ジャパンホームショー」をはじめ、オフィスや団地、高齢者住宅にリノベーション、景観まで扱う総合展。
・来場者層は工務店やハウスメーカー、設計事務所など。
・近年は海外からの来場者も増え、昨年は21の国・地域から来場があった。特に中国や東南アジアが多かったという。
▼この記事を読む
建築の総合展示会海外から来場[口コミ] @Japan Home & Buillding Show/店舗・商業空間デザイン展 前編




全国で開催する家主のための展示会:賃貸住宅フェア

この展示会の特徴は…
・賃貸住宅や不動産に特化した展示会で、東京・大阪のほかに名古屋、福岡でも毎年開催している。
・不動産オーナー向けの投資商品や、不動産管理会社向けの業務支援サービスのほか、建材や住宅設備なども並ぶ。
・19年は外国人入居者対策や業務の効率化にまつわるソリューションが目立った。
▼この記事を読む
外国人入居者が増加 不動産業界の意識も変化 @ 賃貸住宅フェア

住宅・建材メインの新しい展示会:住宅ビジネスフェア

この展示会の特徴は…
・住宅に特化した展示会で、建材や住宅設備、工務店向けサービスなどを多く取り扱う。同時開催展で非住宅向けの展示会も行う。
・来場者層はハウスメーカー、工務店、設計事務所、ゼネコンなど
・近年のIoT化の流れでいわゆる不動産テックの展示も増えた。
▼この記事を読む
生活スタイルの変化 住宅設備にも@住宅ビジネスフェア

リフォーム専門誌が主催する展示会:リフォーム産業フェア

この展示会の特徴は…
・リフォームがメインの展示会で、リフォーム会社に向けた建材や業務支援サービスを展示する。
・来場者層はリフォーム会社が全体の2割で、残りは工務店や不動産会社など。
・近年はリフォーム業界の職人不足問題に対するソリューションがよく見られる。
▼この記事を読む
リフォーム会社や設計事務所が新商材探す @ リフォーム産業フェア

あらゆる建築物が対象となる総合展:住宅・ビル・施設 Week

この展示会の特徴は…
・住宅・非住宅の双方を扱う展示会で、建材や住宅設備のほか、業務支援やリノベーション、AIなども展示される。
・来場者層は幅広いが、特にハウスメーカー、ゼネコン、サブコン、ディベロッパーなどは頻繁に見かけると口コミあり。
▼この記事を読む
目立つ省力化・省工数化[口コミ] @住宅・ビル・施設Week 前編

TOPへ戻る▲

◆おすすめ記事はこちら


新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る