出展・来場とも外国勢多い[口コミ]@FOODEX JAPAN 後編

 
  • 2019/4/10

出展者の口コミ、前編はコチラ


納豆文化の広がり感じた

大一ガス(愛媛県松山市)

 母体はガス会社だが、食品も手掛けている。今回出展した納豆は90%が輸出。内訳は米国40%、香港25%、タイ、オーストラリア、EUと続く。商品は国内向けとほとんど同じで、輸出用に味を変えているわけではない。取引のないカナダやロシアのバイヤーと出会えた。

 納豆ブームで、大手メーカーは海外に製品を回せない。我が社は、海外からの注文に柔軟に対応できるのが強み。欧米では現地在住の日本人やアジア人がメインだが、現地の人たちにも浸透しつつある。


異業種に出展も苦戦

サンユー印刷(新潟県三条市)

  
       

この先、会員限定記事です
無料会員登録は下のボタンから。
全記事を読める有料会員登録はマイページから。

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る