▲3方向を開放し、入りやすさを重視した

セミナーに集中できる防音効果

CAD/CAMソフトウェアメーカーのヴェロソフトウェア(東京都港区)は、ブースの中で開くセミナーに人を呼ぶために、3つの側面を入り口として開放し入りやすさを演出した。コンパニオンはジュースやコーヒーを配り、ブースでの滞在時間が長くなるように誘導した。セミナーに参加する来場者が集中できるよう、全体で9小間のスペースで最も奥の部分にセミナー会場を設置した。さらに、周囲の音が邪魔にならないよう、柱や壁面で防音効果を高めた。「1面開放のブースだと素通りされるケースが多かった。3面開放にして来場者がブースに流れる確率は上がった」(森岡さん)

展示会は今回のほか「インターモールド」など、製造業系に年3回ほど出展。ブースを構える際はブランドカラーの緑とグレー、それに白を組み合わせた形でデザインしている。

DATA
運営会社:ユニモト(東京都千代田区)
施工会社:ibma(東京都渋谷区)
小 間 数:9小間
施工費(運営費込み):400万~500万円
会  場:JIMTOF

▼関連記事はこちら

マスコットキャラ「マクロマン」を生かした漫画ブース【集まるブース】


国際イベントニュース 編集部 坪田康佑国際イベントニュース フリー編集者・ライター 坪田康佑
20代後半から出版社に勤務。中小企業向けの経営情報誌「COMPANYTANK」元編集長を経て、40歳でフリーに。2017年から国際イベントニュース編集部にも参加。趣味は麻雀と競馬。学生時代は雀荘で働き、腕を磨いた。

関連記事

コメントは利用できません。


 

おすすめ記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る