目立つ省力化・省工数化

住宅、ビル、商業・公共施設など建築物の建築総合展。建材や住宅設備、ビル管理、リノベーション、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)関連技術などが出展し、来場者はハウスメーカー、工務店、リフォーム会社、不動産会社、設計事務所、ゼネコン、サブコン、商業施設関係者、ビル所有者、専門商社など多岐にわたる。東京と大阪の2カ所で開催される。来場者数は前回比19%増の2万8465人だった。
建設現場の人手不足解消が大きなテーマになる中、AIやIoTなどの技術で省力化できる製品やサービスが多数出展。省工数化につながる建材や工法にも注目が集まった。

住宅・ビル・施設Week

【開催概要】
会期:12月12日(水)〜14日(金)
会場:東京ビッグサイト 東6〜8
主催:リードエグジビションジャパン
出展者数:410社
来場者数:2万8465人
併催:[高性能]建材・住設 EXPOスマートビルディング EXPOAI・スマート住宅 EXPO施設リノベーション


ゼネコン大手と接点持てた
コバックス(大阪市)

新規顧客開拓のため初出展した。竹中工務店などのゼネコン関係、建材加工メーカーなどと良い話ができた。建築関連を専攻する学生さんの姿もあった。ブースに来たのは1日当たり100人くらい。大手ゼネコンのほか、パナソニックなどのメーカーとも名刺交換させてもらった。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る