来場者の6割決裁者[口コミ] @IFFT 前編

 
  • 2018/12/10
展示会名:IFFT(インテリア ライフスタイル リビング)
会期:2018年11月14日(水)~16日(金)
会場:東京ビッグサイト 西1・2、アトリウム
主催:(一社)日本家具産業振興会、メッセフランクフルト ジャパン
出展者数:423社(国内342社 海外81社)
来場者数:1万7426人

 ドイツの見本市を母体としたインテリア・デザイン市場のための国際見本市。春の「インテリア ライフスタイル」は小物・雑貨がメインで、秋の「インテリア ライフスタイル リビング」は家具がメインだ。来場者は小売店、専門店、百貨店、量販店、通信販売、卸・問屋、輸出入業、商社、デザイン事務所、インテリアコーディネーター、設計事務所、住宅・建設・商業施設関連など多岐にわたる。 2018年春のデータによると、来場目的は製品情報収集43%、市況の動向調査27%など。来場者の買い付け決定権者の比率は6割に上る。


販売ルート増やしたい

塩川光明堂(静岡市)

 ガラスやコレクションケースの製造販売を手掛けている。ブース来場者は既存客が多いが、住宅、ホテル、オフィス関連など、店舗販売以外のルートを増やしたいと思って出展している。ブース来場者は3日間で140人くらいだった。


異業種とコラボの可能性

丸三綿業(群馬県高崎市)

 寝具の製造販売を手掛けている。新ブランド立ち上げを機に、数年ぶりに出展した。異業種のアパレルや雑貨、リビング関連の担当者と出会えた。前回は2小間に欲張って全製品を並べたが、反応は良くなかった。今回新製品に絞ったかいあって、前回よりブース来場者が増えた。

 意外なニーズとしては、アパレル業界の方からブルゾンの中綿を探していると言われた。再生繊維『テンセル』に独自の加工技術で、綿が固まらずふんわりとした風合いを出せる。これを、今後アパレル分野にも応用できるかもしれない。


東急ハンズや高島屋の担当と知り合えた

P!NTO SEATING DESIGN(東京都港区)

 オーダーメイド椅子を製造・販売している。顧客は百貨店、小売店、インテリアショップ、テレビ通販など。来場者は飲食店関連、コントラクト・建築関連の方々が目立った。ロフト、東急ハンズ、高島屋さんなどの担当者とも出会えた。今回は、前回よりも人が多い印象。3日間で300人がブースに来場した。

 「東京インターナショナル・ギフト・ショー」はさまざまな業界のバイヤーが来るが、この展示会はインテリアに特化しているので、求める層と来場者がかなりマッチしている。過去にはここで出会った建設系の企業に、新規オープンの商業施設に採用してもらったケースもある。


星野リゾートで採用

プラスティックス(福井県福井市)

 春は小物の出展が目立ち、小売店やショップのバイヤーが多い。秋は家具の出展が多くて建築デザイナーや不動産関連、法人向け系が来る。数年前には星野リゾートの担当者と出会い、ホテルで採用された。今回はECサイトや都内のセレクトショップ、建設デザイン系の来場が目立った。


出展者の口コミ、続きはコチラ

関連記事

国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

◀お知らせ▶
2020年2月から月1回発行
今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る