ジャパン・インターナショナル・シーフードショー

開催概要
会 期:2018年8月22日(水)~24日(金)
会 場:東京ビッグサイト東5・6ホール
主 催:一般社団法人大日本水産会
併 催:すしEXPO、国際水産養殖技術展2018、鮮度流通技術展、フィッシュネクスト技術展事例
出展社数:835社
来場者数:3万4018人

水産業関係者が一堂に会す

水産卸・仲買、食品加工業、外食産業、鮮魚店、スーパー、宿泊施設、漁業協同組合、養殖業者、漁港、水産試験場、水族館、学術機関などの水産業関係者が来場する。

世界の漁業生産量はこの30年で2倍になる一方、日本の漁業生産量は半分に落ち込み、生産量世界1位から7位に転落した。世界では養殖生産が5割を占めるが、日本では2割。そのため近年は日本でも養殖の割合が増え、養殖業界が伸びている。

日本人1人当たりの年間水産物消費量が減少する中、電子レンジなどで簡単に調理できる水産物加工商品、いわゆる「ファストフィッシュ」の出展も目立った。

ジャパン・インターナショナル・シーフードショーどうだったの??
出展社に聞く『今回、どうだった?』
▼▼▼▼▼

GOT Japan(東京都中央区)

外国人来場者が少ない

新しい取引につながればと初めて出展したが、引き合いはさほどなかった。外国人の来場者が少ない。我々のような輸出業者が出る展示会ではないと感じた。
海外の展示会と比べて、運営がずさんな印象だ。試食のゴミの回収は展示会終了後のみ。ボストンでは開催期間中、定期的に回ってくれた。床のコンクリートがむき出しなのも気になった

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る