世界各国で数年前から日本食ブームが続いている

訪日外国人旅行者が増え日本食を口にした人が増えたや、寿司やラーメンなど日本食レストランの海外進出が影響しているようだ。

この動きに合わせて、日本酒やお茶、調味料、加工商品などの輸出が増えている。
大手に続き、中小の食品生産者が海外の展示会に出展し、市場を開拓している

輸出や展示会出展で食品の海外販路を広げる食品産業の海外進出状況をまとめる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

1.海外の食品展示会 日本から出展殺到
2.中小食品メーカー 海外へ
3.海外で日本酒人気 輸出量前年比19%増
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1.海外の食品展示会 日本から出展殺到

簡単に言うと・・・
海外の大型食品展示会に出展する国内食品生産会社が増えており、それをきっかけに成果を上げている会社が多い。
・食品を海外で売るためには、国ごとに異なる安全基準や原材料の表示義務など、いくつか越えなければならない壁があるため、輸出国選びも重要
日本には、世界から認められた食品安全基準がないため、輸出のハードルを下げる新基準も大切となる。

▼この記事を読む
http://ev-news.jp/?p=9428

 

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る