大栄フーズ、台湾へ出展 熱心な現地バイヤー多数【海外展示会挑戦記】

▲熱心なバイヤーが多く日本以上の盛り上がりを感じた

大栄フーズ(神奈川県相模原市)
@Food Expo2018(香港)

海鮮珍味の加工メーカー、大栄フーズ(神奈川県相模原市)は、香港の「Food Expo2018」のジェトロブースに出展した。日本政府が和食の輸出を推進していることもあり、食品や酒造メーカーをはじめ、あらゆる食品会社が出展していた。

村井幸司課長は、熱心な現地バイヤーが多く、日本以上の盛り上がりを感じたという。来場者は地元香港のシェフや飲食店経営者、卸業者などだ。シンガポールのほうが国際的で、同じ食でも来場者はアジア全域をはじめ欧米からも訪れている。「今はどの地域でも日本食が人気」(村井課長)

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事

ページ上部へ戻る