ポップコーンで名刺獲得したアクティブメディア アプリ会社をブースで強調【集まるブース】

  • 2018/10/16

▲壁面に大きく「アプリ」と書いたのはアプリ制作会社と認識させるため

―DATA―
施工会社:空ディメンジョンズ
小 間 数:2小間
施 工 費:約100万円
デザイン:自社
会 場:外食ビジネスウィーク

ポップコーンで名刺獲得 アプリ会社をブースで強調

アクティブメディア(東京都千代田区)
磯島順一郎社長(42)

小売りや飲食店で使われるポイントカードをスマホアプリにしたアクティブメディア(東京都千代田区)は、昨年に続き、外食ビジネスウィークに出展した。商品リリース当初からネットで営業してきたが、「飲食業界に限っては展示会の方が成果につながりやすい」というのが磯島順一郎社長の認識だ。

昨年は基本ブースにパネルやポスターを張り、遊園地風のカートでキャラメルポップコーンを配って集客した。だが、ポップコーン販売会社と間違えられてしまった。反省を踏まえ、今回はポップコーンの要素を残しつつ、システム会社と分かるようにブースをつくった。アプリ制作会社と理解してやって来る来場者を増やし、3日間で100件の商談ができた。ポップコーンと引き換えに得た名刺情報は1000件に達した。


特集【集まるブース】はこちら!

ブース中央に通路 人通り増えて集客増【集まるブース】

2009年のリリース以来、サービスは2000店舗に導入された。飲食店が4割、美容関連が4割、健康施設やスポーツ関連などが2割だ。

関連記事

国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

今日の中国

医療インバウンド

日本全国DMO

グループ会社

全国賃貸住宅新聞社

ページ上部へ戻る