RV車、出店数過去最多 @JAPANキャンピングカー

 キャンピングカーなどRV車(レクリエーション・ビークル)の見本市「JAPANキャンピングカー」が2~4日、幕張メッセで開催された。主催は(一社)日本RV協会(東京都町田市)。

 同展は東京、大阪、名古屋など年10回に渡って開催されるキャンピングカーの見本市だ。今回は過去最多となる360車両が出展。愛好家やバイヤーなどが多数来場したという。

 今回はグランピング向け仕様に設えたトレーラーハウス専用ブースが初めて設置された。居住用として購入する人のほか、賃貸するために投資商品として購入する人も多いといい、出展社からは「キャンピングカーショーには富裕層の来場者が多いので、投資商品に関心を持つ人も結構いる」との声が上がった。

 また、ニッポンレンタカーなどRV車のレンタルサービスの出展も複数あった。日本RV協会の矢久保さんは「最近はRV車を駐車できるパークが全国で増えており、所有までしないがレンタルで定期的に利用する人も多く、幅広く普及するようになってきた」と語った。

関連記事

新着記事

  1. 2021-12-4

    オミクロン株予防のため、再びマスク着用を義務化 @イギリス・ロンドン【12月1日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-12-3

    不要名刺を奉納し、ビジネスの良縁を祈願する「Sansan 名刺納め祭」開催

  3. 2021-12-2

    東京ビッグサイト 東棟の利用再開

  4. 2021-12-1

    検索サービスをGoogleのロゴカラーで体現【人が集まるブース特集】#256

  5. 2021-11-30

    第40回 決裁・交通・食事 スマホなしでは生きられない?[今日の中国]

  6. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

ページ上部へ戻る