生産現場の関心は業務効率化と安心安全な労働環境に向かう @関西 ものづくりワールド

 
  • 2020/10/21
展示会名:第23回 関西 ものづくりワールド
会期:2020年10月7日(水)~9日(金)
会場:インテックス大阪 1~6号館A・B
主催者:リード エグジビション ジャパン
出展者数:710社
出展者層:IT、製造・加工・物流、メンテナンス、医療
来場者層:製造・物流関係者、医療関係者、コンサルタント
構成展:第23回 関西 設計・製造ソリューション展、第23回 関西 機械要素技術展、第11回 関西 ヘルスケア・医療機器 開発展、第5回 関西 工場設備・備品展、第3回 関西 ものづくりAI/IoT展、第2回 関西 次世代3Dプリンタ展、第1回 関西 計測・検査・センサ展

製造業向けの展示会「関西ものづくりワールド」

 製造業向けの展示会「関西 ものづくりワールド」では、生産現場の業務効率化につながる製品が注目を集めた。耐久性の高い商品や、省力化につながる技術が求められている。来場者数は例年よりも減少したが、明確な課題を持つ人が多く訪れた。

 電気機器製造のエレコム(大阪市)には、製造業の生産や品質管理部門の担当者が訪れ、生産現場で使う防塵・防振に対応する壊れにくい頑丈なタブレットが注目を集めた。「現場では手書きでも、データの分析や共有のためには、最終的にPCやタブレットで入力しなければならない。二度手間にならないよう、現場で使えるタブレットを導入したいと考える企業は多い」(三木孝仁さん)

 電機機器メーカーの安川電機(北九州市)では、作業効率を向上する『YRMコントローラー』が、製造業の生産・設計部門管理職の関心を集めた。生産工程における機器の動きに関する情報を統合して、リアルタイムで制御を行うことができる。「細かくデータを収集できることに関心を示すものの、活用方法に悩む人も多い」(中尾佳奈さん)

 産業用キャスターのユーエイ(大阪府東大阪市)には、製造業と物流業の経営陣が訪れた。熱中症、新型コロナ対策、省スペース型の大型のシーリングファン、荷物の落下や破損対策になる段差を乗り越える台車が関心を集めた。

 超硬の精密加工・研磨を展示したプロテクノ堺(堺市)では、ベアリング(軸受)や医療機器の製造関係者が訪れた。来場者は耐久性や取り替えの手間がかからない製品を探しており、丈夫なセンターレス研削用のブレードが注目を集めていた。


おすすめの記事
来場者激減嘆く出展者 コロナの影響直撃 @日本ものづくりワールド

関連記事

最近の記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る