オンライン商談会を初併設、感染症対策やワクチン輸送などに関心集まる[口コミ]@インターフェックス 大阪 前編

展示会名:第7回 インターフェックスWeek 大阪
会期:2021年2月24日(水)~26日(金)
会場:インテックス大阪 2号館
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:90社
来場者数:4774人
構成展:第7回 再生医療EXPO 大阪、第1回 ファーマラボEXPO 大阪

 医療品・化粧品の技術展「インターフェックスWeek 大阪」には、医薬品分野における研究・製造向けの装置やシステムなどが出展。医薬品や化粧品などメーカーから、製造、開発、営業の担当者らが来場した。業務効率化や感染症対策に注目する人が多く、ワクチン輸送など現在の需要や課題解決に関する商材、研究工程の電子化、バイオマス容器に関心が集まった。

 緊急事態宣言の発令で企業によっては遠方への出張が制限されるため、主催者は今回初めて「オンライン商談会」を併設して商談の場を設けた。来場者からは、来場できない人とテレビ電話やチャットで話ができたという声も聞かれた。


大手化学メーカーの開発部長の目に留まった

コギトケミカル(大阪市)

 プラスチックメーカーで、この展示会には初めて出展した。異なる2つの樹脂を組み合わせて1つの容器などをつくる技術をアピールした。顧客開拓、特に化粧品メーカーとの接点を期待して出展した。来場者の関心を引くため、スポイド容器やジャー容器などを雑貨店のような雰囲気で展示した。

 ブースには化粧品やスキンケアなどの大手化学メーカーの開発部長が訪れ、容器を気に入ってくれた。成果につながりそうだ。オンライン商談会は参加せず、地道に説明する方を選んだ。来場者はとても少なく、思っていたほど成果は出せないかもしれない。


医薬品メーカーなど1日100~200人来場

大成化工(大阪府茨木市)

 医薬品直接容器を製造しており、この展示会には毎回出展している。サトウキビ由来のポリエチレン、バイオマスポリエチレンを使用した各種容器や、液体を混ぜる2液混合容器などが注目された。ブースには主に医薬品メーカーや化粧品メーカーが、1日に100~200人訪れた。ブースが会場入口付近だったため、来場者数は多かった。「オンライン商談会」もあったが、やはり展示会は『生』でないと商売にならない。お客さんは私たちの実績をよく見てくれている。出展の成果も長い目で見ていく。


1日に50~60人と名刺交換

三和工機(奈良県大和郡山市)

 メカニカルシールなどを製造しており、この展示会には初出展だ。回転機械で出る粉体の漏れ止めをするシールなどを紹介した。非接触を希望する来場者向けに『リモート名刺交換』のコーナーも設けた。

 既に製薬会社などと取引があり、更に接点を期待したが、製造担当者の来場が少ない。展示会ではだいたい1日150人ほどと名刺交換できていたが、今回は1日に50~60人と半分以下だ。


来場者は例年の3分の1。ビジネスに発展しそうな出会いは1~2社ほど

シンキー(東京都千代田区)

 自転・公転方式ミキサーのメーカーで、調剤薬局などで軟膏調剤をする製剤機を紹介した。来場者は例年の3分の1ほどと少なく、かなり厳しい。今回は来場してくれた既存顧客と、増設の話ができたくらいで、新規取引につながりそうなのは1~2社あるかないかといったところだ。

出展者の口コミ、続きはコチラ

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る