自宅ケア製品の需要増で、オイルや美顔器が人気 @ビューティーワールドジャパン

展示会名:ビューティーワールド ジャパン
会期:2021年4月19日(月)~21日(水)
会場:東京ビッグサイト 西ホール・アトリウム
主催:メッセフランクフルト ジャパン
出展者数:509社
来場者数:3万6852人
出展者層:美容機器製造、ネイル、ヘア用品販売、サロン運営、化粧品販売
来場者層:美容サロン、ヘアサロン、ネイルサロン関係者、商社、代理店
同時開催:東京ネイルフォーラム 2021

▲久しぶりに展示会らしい華やかな造作ブースが並んだ「ビューティーワールドジャパン」

 美容業界の展示会「ビューティーワールドジャパン」には、美容、エステ、ネイル、まつ毛エクステのサロンオーナーが来場した。既存サービスと組み合わせ、売上増加につながるサービスを探していた。在宅時間の増加で、自宅で使える製品が注目され、オイル、美顔器、膣ケアに関心が集まった。商談会場はコスメ、ドライヤー、インナーウエアなどの販売会となっており、美容機器の会場では、体験会を行うブースが多数あった。

▲臓活セミナーを紹介するために初出展したBHY(東京都渋谷区)

 臓器の活性化を目指すセミナーを展示したBHY(東京都渋谷区)には、エステ、ネイル、まつ毛エクステのサロンオーナーが来場した。新しいメニューとして、臓器に関する施術が注目され、「臓活」というキーワードに関心を示す人が多かった。「著名人がSNSで紹介したことで、顧客数が右肩上がりで伸びている」(尹生花代表)

 オレンジ由来のCBD(カンナビジオール)オイルを展示したFRONTIER(神戸市)には、サロン経営者や一般消費者が集まった。美容業界でCBDが注目され、昨年は前年比9800%の需要増で、製造が追いつかない状態だった。「2年前からスポーツや健康、動物医療の分野で使用される。美容業界への進出を目的に初出展した」(野村啓輝CEO)

▲自宅で使える美顔器の需要が伸びたというハスラック(大阪府摂津市)

 LED美顔器を展示したハスラック(大阪府摂津市)には、美容やヘアサロンの関係者、一般消費者が訪れた。新型コロナウイルスによるマスク着用の影響で、自宅で肌ケアをする人が増え、自宅で使える美顔器の需要が伸びた。「2日間で150人が来場し、50人がハンディ型を購入した。男性にも好評で、黒色マットタイプの製造も始めた」(田中美穂さん)

 膣ケア商品を展示したSAKITUE(横浜市)には、サロンオーナーなど100人が集まった。昨年2月に発売を開始し、女性誌で商品が紹介されたり、デリケートゾーンのケア特集が組まれたりする機会が増え、売上も右肩上がりで伸びた。「商品の認知拡大と、販売代理店の獲得を目指して出展した」(山内尚子代表)

関連記事

新着記事

  1. 2021-7-26

    自社で集客できない来場者との出会い求め 継続出展する企業が増加 @BOXIL EXPO【主催者に聞く】

  2. 2021-7-25

    7月12日からバンコクなどでロックダウン @タイ・バンコク【7月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-7-24

    感染者が1万人を超え、ロックダウン解除が延期へ @マレーシア・クアラルンプール【7月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 後編

  5. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 中編

  6. 2021-7-23

    インサイドセールスやオンライン販促の強化に関心集まる[口コミ]@Japan マーケティングWeek 前編

ページ上部へ戻る