半導体業界の好調、映す @SEMICON Japan(セミコン・ジャパン)

展示会名: イーコマースEXPO 2017 東京
会期:2017年2月14日(火)・15日(水)
会場:東京ビッグサイト 西3・4
主催:UBMジャパン(東京都千代田区)
出展者数:110社

▲14カ国から752社が出展し、展示スペースは完売となった

 SEMIジャパン(東京都千代田区)は12月13~15日、41回目となるエレクトロニクス製造サプライチェーン国際展示会「SEMICON Japan(セミコン・ジャパン)」を東京ビッグサイトで開催した。出展者数は14カ国から752社・団体で、前回に続き、スペースは完売した。半導体業界は2013年以降上昇基調が続いている。後押しするのはクラウドやメモリ分野の需要増だ。

 クラウドサービスやビッグデータサービスが次々に生まれるために、膨大な情報を蓄えるサーバーの需要に追いつかないという。最大ブースは、シリコンウェハー加工機器のトップメーカー・ディスコ(東京都大田区)の54小間。

 工業用の砥石(といし)メーカーとして1937年に創業した同社は「切る」「削る」「磨く」に関連する装置製造の分野で、国内トップクラスのシェアを獲得する。

 会場では自社の加工機器を並べて半導体業界にアピールした。堀場製作所(京都市)は、車両のエンジニアリング・設計・試験・開発を支援するプロジェクトを展示した。イギリスにある開発拠点の広さは東京ドーム60個分。設計と試験を一貫してできるのが強みで、自動運転車や新エネルギー車など、次世代モビリティに注力する。

 川崎重工(東京都港区)が展示した、ロボット「デュアロ」はPepperとduAroがもてなす無人カフェ「ネスカフェ原宿」にも導入されたものだ。会場では、デュアロがコーヒーを入れキットカットともに振る舞った。ロボットの価格は280万円だ。

 JINS(東京都千代田区)は、瞬きの回数などからリラックス度、集中度を推し量ることのできる世界初のセンシング・アイウェア「JINSMENE」を展示した。より良い職場環境を求める企業の総務部・人事部が、まとまった数を購入することが多いということだった。

関連記事

新着記事

  1. 2021-9-27

    営業とマーケティングに特化し、課題解決に向けた行動を促す @ビジネスIT & SaaS EXPO【オンライン展示会】

  2. 2021-9-26

    10月中旬からバンコクなどで一般観光客の受け入れ再開へ @タイ・バンコク【9月20日/新型コロナウイルス世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-9-25

    国民の半数がワクチンを接種し、経済活動の一部が再開 @マレーシア・クアラルンプール【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 後編

  5. 2021-9-24

    生活に密着しつつも特徴のある商材に関心が集まる[口コミ]@ライフスタイルWeek 前編

  6. 2021-9-23

    ワクチン完了を条件に、旅行者の受け入れを再開 @カナダ・トロント【9月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る