半導体業界の好調、映す @SEMICON JAPAN

 
  • 2018/1/25
展示会名:第41回目 SEMICON JAPAN 2017
会期:2017年12月13(水)~15日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:SEMIジャパン
出展者数・小間数:752社・1760小間

▲14カ国から752社・団体が出展し、展示スペースは完売となった

 SEMIジャパン(東京都千代田区)は12月13~15日、41回目となるエレクトロニクス製造サプライチェーン国際展示会「SEMICON JAPAN」を東京ビッグサイトで開催した。出展者数は14カ国から752社・団体で、前回に続き、スペースは完売した。

 半導体業界は2013年以降上昇基調が続いている。後押しするのはクラウドやメモリ分野の需要増だ。クラウドサービスやビッグデータサービスが次々に生まれるために、膨大な情報を蓄えるサーバーの需要に追いつかないという。

 最大ブースは、シリコンウェハー加工機器のトップメーカー・ディスコ(東京都大田区)の54小間。工業用の砥石(といし)メーカーとして1937年に創業した同社は「切る」「削る」「磨く」に関連する装置製造の分野で、国内トップクラスのシェアを獲得する。会場では自社の加工機器を並べて半導体業界にアピールした。

 堀場製作所(京都市)は、車両のエンジニアリング・設計・試験・開発を支援するプロジェクトを展示した。イギリスにある開発拠点の広さは東京ドーム60個分。設計と試験を一貫してできるのが強みで、自動運転車や新エネルギー車など、次世代モビリティに注力する。

 川崎重工(東京都港区)が展示した、ロボット「デュアロ」はPepperとduAroがもてなす無人カフェ「ネスカフェ原宿」にも導入されたものだ。会場では、デュアロがコーヒーを入れキットカットともに振る舞った。ロボットの価格は280万円だ。

 JINS(東京都千代田区)は、瞬きの回数などからリラックス度、集中度を推し量ることのできる世界初のセンシング・アイウェア「JINS MENE(ミーム)」を展示した。より良い職場環境を求める企業の総務部・人事部が、まとまった数を購入することが多いということだった。


おすすめの記事
最新ドローン技術が集結 @ SEMICON JAPAN 2017

関連記事

新聞からの移行プラン
国内外の展示会を取材する
展示会専門紙
国際イベントニュースとは
私たちが展示会に注目する理由とは...。国際イベントニュースが取材する情報をご紹介します。

今回どうだった?
出展者に聞いた展示会の口コミ
人が集まるブース特集
記者の目にとまった人が集まるブースを紹介
自治体の出展戦略
自治体が出展!その目的は?
海外展示会挑戦記
海外展示会に挑戦する企業に聞いた
海外展示会レポ
現地記者が海外展示会を取材。海外トレンドをお届けします
イベント人物図鑑
展示会で出会える人を紹介します
国内展示場小間数ランキング

ブース・人材・運営・サポート企業

医療インバウンド
ページ上部へ戻る