トンネル付きの台形と配色で、映像が映える【人が集まるブース特集】#246

松浦製作所(東京都品川区)
@デジタルサイネージジャパン(Interop Tokyo内)

DATA
施工会社:タック(千葉市)
小間数:6小間
施工費:250万円

 3Dホログラムの投影装置を展示した松浦製作所(東京都品川区)は、中央をトンネル状にした台形のブースを造作した。ブース前面やトンネル部分には、回転するLEDで立体映像を映し出した。

 メインカラーは、3Dホログラムの映像が映えるよう、暗めのネイビーを採用した。造作物の端には、補色であるオレンジ色でラインを引き、台形のシルエットを際立たせた。

 「従来は4小間で出展していたが、6小間に拡大した。色と造作の両方で目を引くデザインを意識したところ、リード獲得につながった」(宛木宏之社長)

関連記事

新着記事

  1. 2021-11-29

    日本ホビー協会 クラウドファンディングの目標額300万円を達成

  2. 2021-11-27

    冬の流行に備え、インフルのワクチン接種に注力 @イギリス・ロンドン【11月24日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-11-26

    経済回復を軸とした国家予算を発表 @マレーシア・クアラルンプール【11月21日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  4. 2021-11-25

    不動産テックが急成長 市場の変化が後押し @賃貸住宅フェア

  5. 2021-11-24

    黒一色のブースにオブジェを配置し、存在感をアピール【人が集まるブース特集】#255

  6. 2021-11-23

    伝統の「灯ろう流し」再開で、経済活性化なるか @タイ・バンコク【11月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る