エコ・環境意識が高まり、商材にも反映が見られた @ファッションワールド 東京

展示会名:第8回 国際ファッション ワールド 東京 2021 春
会期:2021年3月23日(火)~25日(木)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟
主催:リード エグジビション ジャパン
出展者数:250社
来場者数:1万2913人
出展者層:ウエア、バッグ、シューズ、アクセサリー、ファッション小物・雑貨、生地・素材などにおけるメーカー・商社・卸・デザイナー、生産機器、システム・サービス
来場者層:セレクトショップ、百貨店、ブティック、通販、ネットショップ、商社・卸、メーカーのバイヤー・企画・経営層
構成展:第8回 アパレルEXPO、第8回 シューズEXPO、第8回 バッグEXPO、第6回 アクセサリーEXPO、第6回 生地・素材EXPO、第6回 ファッションOEM EXPO、第1回 サステナブルファッションEXPO

▲会場内の様子

 ファッション商材が集まる展示会「ファッションワールド 東京」には、アパレルメーカーやブランド、小売店、ECサイト運営者、商社が訪れた。業界のトレンドである「サステナブル(持続可能な)」が注目され、環境に配慮した商材に関心を寄せる人が目立った。また、業務効率化を図るためのクラウドサービス、感染症対策にも注目が集まった。新型コロナウイルスの影響でアパレルの専門展が中止になる中、生の情報を求めに来た来場者が多かった。

▲ハンガーにもサステナブルな製品が登場し、注目を集めた

 ディスプレイハンガーを展示したコーベル(大阪府東大阪市)には、サステナビリティに関心のあるアパレルメーカー、小売店、ECサイト運営者が集まった。紙ハンガーに注目する人が多く、一般家庭向けに販売したいという声も上がった。「企業のブランディングとして活用したい大規模な小売店、こだわりのあるセレクトショップからの引き合いが増えている」(尾崎功社長)

 ニット製品のOEM、糸を展示した丸安毛糸(東京都墨田区)には、ニット製品を作りたいアパレル、ベビー服、ペットウエアといった幅広い業界から、通販やECサイトの運営者が訪れた。サステナブルな素材に関心を寄せる人が目立った。「対面での商談が制限されていたので、生の声や反応が聞けたことが収穫だ」(中村同志さん)

▲業務効率化の需要を感じるというシタテル(熊本県熊本市)

 業務工程を一元管理するクラウドサービスを展示したシタテル(熊本県熊本市)には、業務効率化を目指すアパレルメーカーやブランド、商社が来場した。生産管理や中小企業のオーナーには、リモートワーク時の進捗管理の需要があった。「エクセルで進捗管理する企業が多く、業務効率化や業績向上ができるツールとして注目された」(向井ひろゐさん)

▲予想より来場者は多かったと話した白鳥繊維工業(香川県東かがわ市)

 手袋を製造・販売する白鳥繊維工業(香川県東かがわ市)には、オリジナル製品を作りたい釣り道具メーカー、バイク、自転車業界の関係者が集まった。ドアノブやエレベーターのボタン、つり革を触りたくない人が増えているため、抗菌、抗ウイルスの手袋が関心を集めた。「今まで接点のなかった業界と、OEMの話ができたことが収穫だ」(武部貴則代表)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る