差し色の黄色、ランダムな配置で動きのある空間に【人が集まるブース特集】#242

ファソテック(千葉市)
@次世代3Dプリンタ展(日本ものづくりワールド)

ブースDATA
施工会社:写真化学(京都市)
小間数:2小間
施工費:約150万円

▲ブースの間口を広く取り、製品をランダムに配置した

 樹脂、金属、複合素材用の3Dプリンターを展示したファソテック(千葉市)は、ブースの間口を広く取り、製品をランダムに配置した。製品の紹介パネルは、大小さまざまな文字を斜めに表現するデザインで、動きのある空間を演出した。

 最も意識したのは色だ。コーポレートカラーの青に、補色として注目を集めやすい黄色を採用した。白をベースに青や緑を差し色にする製造業のブースが多い中、黄色を使い、目立つブースに仕上がったという。

▲展示会出展のたびに改善を重ね、手応えを感じているという

「3Dプリンターを扱う企業が毎年増えている。差別化を図るために、目立つブース作りを2年前から始め、少しずつ改善している」(荒木史子さん)

関連記事

新着記事

  1. 2021-5-8

    ロックダウンが幼児の言語発達に影響 @イギリス・ロンドン【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  2. 2021-5-8

    3度目のロックダウン、18歳以上がワクチン接種の対象へ @マレーシア・クアラルンプール【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  3. 2021-5-7

    展示会の人数制限 緩和に方針転換か

  4. 2021-5-7

    出展者の交流が盛んで、マッチングも活発 @大阪MICE 安全対策推進EXPO

  5. 2021-5-6

    全国の3割がワクチン接種を終え、18歳以上に拡大へ @カナダ・トロント【5月5日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

ページ上部へ戻る