横綱級の巨大バルブを世界にアピール【人が集まるブース】#188

旭有機材(宮崎県延岡市)
@INCHEM TOKYO

DATA
施工会社:写真化学(京都市)
小間数:8小間
施工費:非公表

▲国技館と大相撲をイメージさせるブースで出展

 管工機材・樹脂メーカーの旭有機材(宮崎県延岡市)は、国技館と大相撲をコンセプトにしたブースを作り、創業75年の歴史あるメーカーであることをアピールした。中央に大きなやぐらを設け、その下に取扱商品の中で最も大きなバタフライバルブを展示した。中心に据えたのは海外向けの大きなバルブだ。「国内では大きすぎてほとんど使われないが、製品の中では横綱級」(工藤稔晃さん)

▲中央部分に巨大バルブを展示

 ゲームコーナーの参加者には、特製湯飲みをプレゼントしたりインスタスポットを設けたりした。スタッフは法被をまとい、お祭り感覚で盛り上げた。ここ数年はブース造作にこだわり、ドイツのフランクフルトで開催される世界最大の化学機械・機器の展示会「ACHEMA」に出展した際は回転ずし風のブースで臨み、日本企業であることを広くPRした。

関連記事

新着記事

  1. 2022-1-26

    ベースの造作物を使い回し、展示会に合わせて看板やパネルを新調【人が集まるブース特集】#262

  2. 2022-1-25

    セミナー開催による営業、マーケティング業務を支援【リード獲得100本連載】Sansan(渋谷区)

  3. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 後編

  4. 2022-1-24

    コロナ下でも需要衰えず、新規顧客法は模索中[口コミ]@賃貸住宅フェア 前編

  5. 2022-1-21

    ワクチン2回接種した人は、自己隔離を5日間に短縮 @カナダ・カルガリー【1月20日/新型コロナウイルス 世界の反応・現地レポ】

  6. 2022-1-20

    オンライン営業が普及したが、商談やデモを求めて来場者が増加 @関西ものづくりワールド

ページ上部へ戻る